コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケリカー ケリカー Kölliker, Rudolf Albert von

3件 の用語解説(ケリカーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケリカー
ケリカー
Kölliker, Rudolf Albert von

[生]1817.7.6. チューリヒ
[没]1905.11.2. ウュルツブルク
ドイツの動物学者。ベルリンハイデルベルク両大学に学ぶ。チューリヒ大学比較解剖学教授 (1844) 。 1847年よりウュルツブルク大学教授となり,同大学を医学教育中心地たらしめた。 48年,K.シーボルトとともに,『動物学雑誌』 Zeitschrift für wissenschaftlichen Zoologieを創刊。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ケリカー

スイス生れの動物学者。ベルリン大学などで学び,オーケンミュラーらの教えを受ける。のちビュルツブルク大学教授。精子が寄生虫でないことや卵割が細胞分裂であることなどを研究し,発生学・組織学等にすぐれた業績をあげた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケリカー
けりかー
Rudolf Albert von Klliker
(1817―1905)

スイスの動物学者。ベルリン大学およびハイデルベルク大学に学び、チューリヒ大学教授、ウュルツブルク大学教授を歴任した。精子が寄生虫でないことや卵が1個の細胞であることを明らかにして細胞説に確固たる証拠を与え、細胞分裂についても多くの研究を行った。また、神経繊維神経細胞についても研究した。ダーウィンの進化学説については、あまりに生物形態のもつ有用性にとらわれすぎているといって批判し、進化は昆虫の変態のように突然の変化によって新種が生じるとする異原発生説を唱えた。[八杉貞雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケリカーの関連キーワードチューリヒ湖ブルンチュリチューリッヒチューリップミニチューリーちゅーりーチューリヒ協定チューリヒ金市場《チューリヒ聖書》チューリヒ・ロンドン協定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone