コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルテース ケルテース Kertész,Imre

2件 の用語解説(ケルテースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルテース
ケルテース
Kertész,Imre

[生]1929.11.9. ブダペスト
ハンガリーの作家。ユダヤ系ハンガリー人として生れる。第2次世界大戦中に 14歳でポーランドアウシュウィッツ収容所へ送られ,その後,ドイツブーヘンワルト収容所に移されて,1945年ドイツ敗戦により解放された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケルテース
けるてーす
Kertsz Imre
(1929―2016)

ハンガリーの作家。ブダペストに生まれる。ユダヤ系ハンガリー人であったため、第二次世界大戦中の1944年、14歳でポーランドのオシフィエンチムアウシュヴィッツ強制収容所に送られ、その後ドイツにあるブッヘンワルト収容所に移送された。戦後は、1948~1951年までブダペストの新聞記者として活動。解雇後2年間の兵役についた。その後は、ニーチェやウィットゲンシュタイン、フロイトなどのドイツ語作品の翻訳などを行っていた。
 最初の作品、『運命ではなく』(1975)は、ナチス・ドイツによるユダヤ人排除政策にあった少年が、強制収容所に入れられ、過酷な現実と対峙(たいじ)する姿を活写した自伝的小説であり、『挫折(ざせつ)』(1988)や『生まれなかった子のためのカディッシュ』(1990)とともにホロコースト三部作を構成している。また、エッセイ集の『文化としてのホロコースト』(1993)も有名である。彼のこれらの作品は、強制収容所の実体験を淡々と描写しており、ホロコーストの「脱神話化・普遍化」を行ったとして、ハンガリー国内よりもドイツやアメリカなど諸外国で高く評価されている。2002年、ノーベル文学賞受賞。[編集部]
『岩崎悦子訳『運命ではなく』(2003・国書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケルテースの関連キーワードブダペスト弦楽四重奏団ブダブダペシュトブダペスト交響楽団ブダペスト祝祭管弦楽団ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団ブダペスト秋の祭典ブダペスト春の祭典ブダペスト・バロック・フェスティバルブダペストの要塞

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケルテースの関連情報