コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルマーンシャー ケルマーンシャー Kermānshāh

5件 の用語解説(ケルマーンシャーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ケルマーンシャー(Kermānshāh)

イラン西部の都市。ケルマーンシャー州の州都。旧称バーフタラーンササン朝ペルシアのバフラーム4世が建設した町に起源する。クルド人、およびイスラム教徒シーア派が多く居住する。近郊にササン朝時代の遺跡タークイブスターンがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ケルマーンシャー

イラン西部の都市。旧称バーフタラーンBakhtaran。イランのクルド族の中心地。バグダッドハマダーンを結ぶ交通の要地で,シーア派イスラム教徒の巡礼路にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ケルマーンシャー【Kermānshāh】

イラン西部,イラクとの国境に近い都市。同名州の州都。キルマーンシャーKirmānshāhともよばれる。人口66万6000(1994)。ザーグロス山脈の北西部に位置し,古くから同地方の中心地として栄えた。町の起源は,ササン朝時代にさかのぼり,640年ころアラブイスラムの支配下に入った。16世紀以降は,東西に対峙するサファビー朝オスマン帝国の係争の地となるとともに,この地を拠点にした在地のザンガナ家やカージャール朝の王族の台頭がみられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルマーンシャー
ケルマーンシャー

バーフタラーン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケルマーンシャー
けるまーんしゃー
Kermnshh

イラン西部、ケルマーンシャー州の州都。人口69万2986(1996)。ササン朝のバフラーム4世が建設した古い町で、イランとイラクを結ぶ通商路上にある。冬寒く夏は非常に暑い。クルド人やトルコ系住民が多く、小麦のほか、遊牧民による良質の羊毛の産地として名高い。近郊にナフティシャー油田の精油所がある。ターク・イ・ブスターン(イランではターケ・ブスターンとよぶ)などササン朝期の遺跡も町の周辺に散在している。[香川優子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケルマーンシャーの関連キーワードシカソホラムシャフルンゼレコレイランイラク戦争イランイランアースターラーハッサケガダメスガローウェグランポポ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケルマーンシャーの関連情報