コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲラダヒヒ ゲラダヒヒTheropithecus gelada; gelada monkey

3件 の用語解説(ゲラダヒヒの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲラダヒヒ
ゲラダヒヒ
Theropithecus gelada; gelada monkey

霊長目オナガザル科。1属1種。雄は体長 70cm,体重 20kgほどであるが,雌は雄の約半分の大きさしかない。尾は長く (体長よりいくらか短い程度) ,先端に総毛がある。胸部にハート形の毛のない部分があり,雄には肩にマント状のたてがみがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゲラダヒヒ【gelada baboon】

エチオピア高原に生息する霊長目オナガザル科の旧世界ザルイラスト)。手足が黒いほかは全身褐色の毛で覆われており,雄の肩には長いマント状の毛が垂れている。顔は黒褐色で,まぶたの部分だけが白い。雄の胸には三角形の毛のない赤い部分があり,雌の胸にはいぼ状に突出した肉のかたまりがネックレス状に並んでいる。発情するとこれらの裸出した部分が紅潮する。頭胴長は雄で約70cm,雌で約55cm。尾長は頭胴長の約70%。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲラダヒヒ
げらだひひ
gelada baboon
[学]Theropithecus gelada

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オナガザル科の動物。エチオピア北部の標高2000メートル以上の高地草原にすむ。雄は体長70センチメートル、尾長60センチメートル、体重20キログラムになり、雌は小形である。全身褐色の毛で覆われ、雄の肩にはマント状の長毛が発達している。雄の胸にはハート形の無毛の部分があり、雌では頸(くび)から胸にかけて丸い肉塊がネックレス状に並んでいる。発情するとこれらの皮膚の赤みが増す。
 夜は断崖(だんがい)の岩棚で眠り、日中は崖(がけ)の上の草原に出て遊動する。イネ科植物、葉、茎、根を主食にし、昆虫も食べる。1頭の雄と数頭の雌を含む2~25頭のワンメール・ユニットが基本的社会単位で、繁殖集団でもある。いくつかのユニットと、それに所属していない雄たちが、より上位の集団(ハード)を形成する。各ユニットは、遊動中は独立性を維持し、離合集散を繰り返しながらも、ハードの遊動域を共有している。このような重層的な社会構造は、マントヒヒの社会とともに、ヒト以外の霊長類ではまれな例として注目される。[川中健二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のゲラダヒヒの言及

【ヒヒ(狒々)】より

…サハラ砂漠以南のアフリカ大陸と,アラビア半島の南端部に生息する霊長目オナガザル科のヒヒ属Papioとゲラダヒヒ属Theropithecusに属する旧世界ザルの総称。バブーンともいう。…

※「ゲラダヒヒ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゲラダヒヒの関連情報