コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲルバー橋 ゲルバーキョウ

4件 の用語解説(ゲルバー橋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゲルバー‐きょう〔‐ケウ〕【ゲルバー橋】

桁(けた)とヒンジ(継ぎ目)とからなる構造の橋。連続桁の長所をもち、支点不同沈下の影響が少ない。東京の両国橋などはこの形式。ドイツのゲルバー(J.G.Gerber)が創案。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ゲルバー橋【ゲルバーきょう】

連続橋中に適当にヒンジ(自由に回転できる連結部)を挿入した構造の橋で,支点の不同沈下の影響が少ない。提案者ドイツのH.ゲルバー〔1832-1912〕の名にちなむ。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ゲルバーきょう【ゲルバー橋】

連続梁の支点間に適当にヒンジを入れて、安定した構造とした橋。地盤沈下などによる荷重を全体に及ぼさないので地盤の弱い場所に有効。東京の両国橋などはこの形式。ドイツ人ゲルバー(J. G. H. Gerber)の考案による。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲルバー橋
げるばーきょう
cantilever bridge

構造形式による橋の分類の一つ。主要部が2径間以上連続する橋(連続橋)の中間の適当なところにヒンジを設けたもので、考案者ゲルバーJohann Gottfried Heinrich Gerber(1832―1912)にちなんだ呼び名である。カンチレバー橋ともよばれる。力学的には、構造部分に働く力がつり合いの条件だけから決定できる。この形式の橋は、支点が沈下しても力の伝達状況は変化しないので軟弱な地盤にも適する。主構は桁(けた)あるいはトラスである。トラス橋では支間が500メートルを超える長大なものもある。カナダのケベック橋(1917、主径間549メートル)、イギリスのフォース橋(1889、主径間521メートル)、大阪の港大橋(みなとおおはし)(1974、主径間510メートル)などが著名である。[小林昭一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のゲルバー橋の言及

【橋】より

…この連続橋を適当な位置で切断し,そこにヒンジ(回転自由な連結部)を挿入してやると,作用する曲げは連続橋に近い状態で,しかも支点沈下による無理な力はかからないですむ。このような形式の橋を考案者(ドイツのH.Gerber)の名をとってゲルバー橋,または張出し桁(片持ち梁cantilever)を含むゆえにカンチレバー橋と呼ぶ(図2-d)。地盤の弱い場所の多い日本では,以前からこのカンチレバー橋が広く用いられていたが,基礎工法の進歩に伴い,ヒンジという構造上・車両走行上の弱点をもたない連続橋のほうが増えてきている。…

※「ゲルバー橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゲルバー橋の関連キーワード追っ掛け継ぎ継ぎ目・接ぎ目・継目・接目継ぎ目判・継目判かし・める金輪継ぎ金継ぎ真鎌継並継ぎデーサイトひん岩エセックサイトひん岩

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone