コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲルバー橋 ゲルバーキョウ

デジタル大辞泉の解説

ゲルバー‐きょう〔‐ケウ〕【ゲルバー橋】

桁(けた)とヒンジ(継ぎ目)とからなる構造の橋。連続桁の長所をもち、支点不同沈下の影響が少ない。東京の両国橋などはこの形式。ドイツのゲルバー(J.G.Gerber)が創案

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ゲルバー橋【ゲルバーきょう】

連続橋中に適当にヒンジ(自由に回転できる連結部)を挿入した構造の橋で,支点の不同沈下の影響が少ない。提案者ドイツのH.ゲルバー〔1832-1912〕の名にちなむ。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ゲルバーきょう【ゲルバー橋】

連続梁の支点間に適当にヒンジを入れて、安定した構造とした橋。地盤沈下などによる荷重を全体に及ぼさないので地盤の弱い場所に有効。東京の両国橋などはこの形式。ドイツ人ゲルバー(J. G. H. Gerber)の考案による。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲルバー橋
げるばーきょう
cantilever bridge

構造形式による橋の分類の一つ。主要部が2径間以上連続する橋(連続橋)の中間の適当なところにヒンジを設けたもので、考案者ゲルバーJohann Gottfried Heinrich Gerber(1832―1912)にちなんだ呼び名である。カンチレバー橋ともよばれる。力学的には、構造部分に働く力がつり合いの条件だけから決定できる。この形式の橋は、支点が沈下しても力の伝達状況は変化しないので軟弱な地盤にも適する。主構は桁(けた)あるいはトラスである。トラス橋では支間が500メートルを超える長大なものもある。カナダのケベック橋(1917、主径間549メートル)、イギリスのフォース橋(1889、主径間521メートル)、大阪の港大橋(みなとおおはし)(1974、主径間510メートル)などが著名である。[小林昭一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のゲルバー橋の言及

【橋】より

…この連続橋を適当な位置で切断し,そこにヒンジ(回転自由な連結部)を挿入してやると,作用する曲げは連続橋に近い状態で,しかも支点沈下による無理な力はかからないですむ。このような形式の橋を考案者(ドイツのH.Gerber)の名をとってゲルバー橋,または張出し桁(片持ち梁cantilever)を含むゆえにカンチレバー橋と呼ぶ(図2-d)。地盤の弱い場所の多い日本では,以前からこのカンチレバー橋が広く用いられていたが,基礎工法の進歩に伴い,ヒンジという構造上・車両走行上の弱点をもたない連続橋のほうが増えてきている。…

※「ゲルバー橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゲルバー橋の関連キーワードフォース鉄道橋地盤沈下荷重

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android