コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コアカゲラ Dendrocopos minor; lesser spotted woodpecker

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コアカゲラ
Dendrocopos minor; lesser spotted woodpecker

キツツキ目キツツキ科。全長 16cmで,キツツキでは日本最小のコゲラよりわずかに大きい。羽色は体の大きいオオアカゲラに似ている。雄は額が淡褐色で,頭上が赤く,背が黒と白の横縞模様。は黒く,数列の白い横縞がある。尾羽は中央の 2枚が黒く,ほかは白地に黒い横帯が入る。顔はくすんだ白色で黒い顎線と眉斑に囲まれている。胸腹部もくすんだ白色で,脇に淡い黒色の縦斑がある。雌は雄に似ているが,頭上が黒い。北アフリカ北端部,ヨーロッパからシベリア南部,東アジア北部,カムチャツカ半島に及ぶユーラシア大陸の中緯度地域一帯に広く分布する。生息環境は広葉樹林から針葉樹林の森林だが,樹木の植えられた公園などでも観察される。渡りはしないが,天候が厳しい年には移動することもある。巣は枯れ木に穴を掘ってつくる。日本では生息数は多くないが,北海道のおもに東部の平地から低山の落葉樹林針広混交林林縁など明るい林にすむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コアカゲラ
こあかげら / 小赤啄木鳥
lesser spotted woodpecker
[学]Dendrocopos minor

鳥綱キツツキ目キツツキ科の鳥。アカゲラ属に含まれる。全長約15センチメートルの小形種で、ヨーロッパからシベリアを通って日本までの地域に広く分布し、日本では北海道にのみ生息する。[浦本昌紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコアカゲラの言及

【アカゲラ】より

…ユーラシア大陸の温帯,亜熱帯と北アフリカに広く分布し,日本では北海道と本州に留鳥として生息する。日本のアカゲラ類には,アカゲラのほか北海道から九州まで分布するオオアカゲラD.leucotosと北海道に分布するコアカゲラD.minorがいる。キツツキ【斎藤 隆史】。…

※「コアカゲラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コアカゲラの関連キーワード浦本昌紀朝鮮

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android