コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウジカビ(麹黴) コウジカビ Aspergillus

2件 の用語解説(コウジカビ(麹黴)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウジカビ(麹黴)
コウジカビ
Aspergillus

不完全菌類モニリア目の1属できわめて普通にみられる。約 50種を数えることができる。なかでも米その他のデンプンを糖化する狭義のコウジカビ A. oryzae,強力な酵素を有するので有名なクロカビ A. niger,土壌などにきわめて広く存在し,温血動物の病気を引起すケムリイロコウジカビ A. fumigatusなどが周知の種である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コウジカビ(麹黴)【コウジカビ】

デンプンを含む有機物に生じる不完全菌類コウジカビ属のカビ。黄緑色,後に褐色の菌叢(きんそう)をつくる。菌糸から上端が球状にふくれた分生子柄を出し,表面に1列の分生子梗(こう)を放射状につけ,それぞれの上に球状の分生子を鎖生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

コウジカビ(麹黴)の関連キーワード不完全菌類モニリア症青黴極めて不完全不完全花トリコスポロン属不完全菌クリプトコックスボトリチス

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone