コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウジカビ(麹黴) コウジカビAspergillus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウジカビ(麹黴)
コウジカビ
Aspergillus

不完全菌類モニリア目の1属できわめて普通にみられる。約 50種を数えることができる。なかでも米その他のデンプンを糖化する狭義のコウジカビ A. oryzae,強力な酵素を有するので有名なクロカビ A. niger,土壌などにきわめて広く存在し,温血動物の病気を引起すケムリイロコウジカビ A. fumigatusなどが周知の種である。基質の表面に伸びる菌糸から,枝が空中に立上がりその先端が頭状になるが,その上に直接,または多数の小菌糸を生じた上に,フィアライドと称するとくり形の細胞を生じ,その頂端から絞り出すように分生子がつくられる。分生子は次々に生じて,長い鎖状になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コウジカビ(麹黴)【コウジカビ】

デンプンを含む有機物に生じる不完全菌類コウジカビ属のカビ。黄緑色,後に褐色の菌叢(きんそう)をつくる。菌糸から上端が球状にふくれた分生子柄を出し,表面に1列の分生子梗(こう)を放射状につけ,それぞれの上に球状の分生子を鎖生する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

コウジカビ(麹黴)の関連キーワードクロカビ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android