コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウヤボウキ

3件 の用語解説(コウヤボウキの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コウヤボウキ

キク科の草本状の落葉小低木。関東〜九州,中国大陸の温〜暖帯に分布し,やや乾燥した山地の日当りのよい所にはえる。茎は高さ60〜100cm。一年枝は卵形の葉を互生し,二年枝は節ごとに3〜5枚のや細長い葉を束生。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コウヤボウキ【Pertya scandens (Thunb.) Sch.‐Bip.】

少し乾いた日当りのよい山地に生える草のような高さ1m内外の小低木で,関東以西の本州,四国,九州および中国大陸に分布する。和名は高野山でタケを植えることが禁じられたために,ほうきの材料としてタケの代りに用いられたところからつけられた。斜上する茎は一年生の枝と,二年生の枝とからなる。一年生の枝には卵形の葉が互生し,9~10月ころその先端に1個の白い頭花を開く。二年生の枝には各節に3~5枚の細長い葉が束生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウヤボウキ
こうやぼうき / 高野箒
[学]Pertya scandens Sch. Bip.

キク科の落葉低木。高さ0.5~1メートル。茎は灰褐色、細い短毛が密生し、よく分枝する。1年枝につく葉は卵形で互生し、毛が多く、2年枝につく葉は細長く、節から3、4枚が叢生(そうせい)する。9~10月、1年枝の先端に頭状花を開く。花は管状花で白色、花冠は5深裂し、裂片は反り返る。果実には毛が密生し、10~11月に成熟する。関東地方以西の本州、四国、九州、および中国の山地に広く分布する。本種に類似した別種にナガバノコウヤボウキP. glabrescens Sch. Bip.がある。これは枝葉が無毛で、葉はやや細長く、2年枝に花がつくので区別される。宮城県以西の本州、四国、九州、対馬(つしま)に分布する。両種とも枝で箒(ほうき)をつくり、主として酒造りの際に使う。名は、高野山でこの枝から箒をつくるということに由来する。[林 弥栄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コウヤボウキの関連キーワード秋の麒麟草梅鉢草唐飛廉野胡桃比翼草丸葉萩大油薄菊薊熊苺日当り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone