コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウライウグイス Oriolus chinensis; black-naped oriole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウライウグイス
Oriolus chinensis; black-naped oriole

スズメ目コウライウグイス科。全長 23~27cm。黄色の体に黒色の太いアイマスクをつけたような派手な色彩の鳥。亜種により色彩範囲がやや異なるが,雄は頭部が黄色で,左右に太く黒い過眼線が入り,後頭部でつながっている。背と喉から胸,腹は黄色で,南に分布する鳥ほど色が淡くなる。風切羽は黒色。尾羽は中央が黒く,その先端が黄色。雌は羽色が緑色を帯びる。ミャンマー西部,マレー半島南部,東南アジアフィリピンタイワン(台湾)などでは留鳥で,ベトナム北部から東アジアで繁殖する鳥は,非繁殖期にインドからインドシナ半島に渡る。朗らかな美しい声でさえずる(→さえずり)。ほぼ樹上で暮らし,疎林や農耕地のほか,公園などにもすむ。日本にはごくまれに少数が渡来する。なお,ウグイスとは分類上の類縁はない。ウグイスの漢名としてしばしば用いられる「黄鳥」は,本来本種の名称である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コウライウグイス

コウライウグイス科の鳥。翼長16cm。雄は体全体が黄色で過眼線が黒。風切羽と尾羽に黒色がある。東アジアから南アジアにかけて繁殖し,日本へは迷鳥として訪れるが,繁殖の記録がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウライウグイス
こうらいうぐいす / 高麗鶯
orioleold world oriole

広義には鳥綱スズメ目コウライウグイス科に属する鳥の総称。狭義にはそのうちの1種をさす。この科Orioridaeの仲間は、旧世界の熱帯を中心に生息し、約28種がある。全長約18~30センチメートル。樹上性で昆虫と果実を主食とし、ほとんどの種は常緑樹林に生息する。羽色は黄色を主として黒色部を有するものが多く、オウチョウ(黄鳥)という異名がある。単独またはつがいで生活し、樹上に椀(わん)形か皿形の巣をつくって繁殖する。繁殖生活の詳細はよくわかっていない。温帯にまで進出しているものが2種あり、その1種コウライウグイスOriolus chinensisは迷鳥またはまれな旅鳥として日本でも記録されている。[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コウライウグイスの関連キーワードコウライウグイス(高麗鶯)高麗鶯・高麗鴬黄鶯・黄鴬頭黒高麗鶯西高麗鶯金衣公子浦本昌紀高麗鶯朝鮮鶯鳥類黄鸝黄鶯

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android