コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コクシジウム coccidium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コクシジウム
coccidium

原生生物界胞子虫類のエイメリア属 Eimeria とその近縁の寄生虫の総称。ヒト,ヤギ,ウシ,ニワトリ,キジ,ムカデなどの消化管壁に寄生して下痢,血便,貧血などを引き起こす。血便とともに宿主から排出された接合子(0.02~0.04mm)は,胞子を形成し,8個の種虫を内蔵するようになる。これが新しい宿主に経口感染すると,内部から種虫が出てきて肝臓や腸管上皮細胞に侵入し,そこで多数の娘虫を無性的につくる。娘虫は雌雄の配偶子になり,糞便とともに宿主の体外へ出る。ニワトリコクシジウム E. tenella は孵化後間もない雛に感染して殺す率が高く,畜産上重視されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コクシジウム

原生動物種虫綱に属し,体長10〜50μmの伝染病原虫。ニワトリ,カモ,シチメンチョウなどの腸粘膜や,ウサギ,ヤギ,ウシなどの肝臓や腸に寄生して下痢や栄養障害を起こす。特にニワトリの孵化(ふか)後間もないひなでは死亡率が高い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

コクシジウム

 寄生虫の一グループ.腸の上皮細胞などで増殖するものが多い.家禽鳥類などに寄生.ヒトに寄生するものもある.多くは非病原性.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

コクシジウム【coccidium】

原生動物胞子虫綱の一群。家畜や鳥に寄生し、主に消化管壁の細胞に侵入して、下痢・貧血を起こさせる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コクシジウム
こくしじうむ
coccidium

原生動物のアピコンプレックス門胞子虫綱コクシジウム亜綱Coccidiaに属する単細胞動物の一群。旧分類における球虫亜綱(コクシジウム亜綱)に住血胞子虫亜綱をあわせたものに相当する。おもに脊椎(せきつい)動物に寄生するが、無脊椎動物に寄生するものもある。
 コクシジウムの生活環は、通常シゾゴニー(メロゾイト形成)という無性生殖のほか、有性生殖の結果生じた接合子内で種虫(しゅちゅう)を形成するスポロゴニー(種虫形成)の時期もあって複雑である。中間宿主は、とるものととらないものがある。終宿主は哺乳(ほにゅう)類、鳥類の重要種を含む。
 形態と大きさは、時期および種によってさまざまであるが、たとえばメロゾイト(娘虫(じょうちゅう))では、形態は楕円(だえん)形からうじ虫状で、大きさは2~20マイクロメートルと幅がある。
 コクシジウムで重要なものは、運動性のないオーシスト(接合子嚢(のう))をつくり、終宿主の半数が脊椎動物であるアイメリア類と、オーキネート(虫様体)をつくり、終宿主が吸血性昆虫のカ、ヌカカ、ブユなどの住血胞子虫類である。主要属として、アイメリアEimeria、イソスポラIsospora、トキソプラスマToxoplasma、サルコキスティスSarcocystis、プラスモジウムPlasmodium、ロイコチトゾーンLeucocytozoonなどがある。[小山 力]

コクシジウム症

ほとんどすべての時期の虫体が細胞内寄生をするので、宿主に与える影響は大きく、消化系諸器官の上皮細胞に寄生するものでは、組織破壊による下痢、血便、貧血などがおこる。また、その他に寄生するものでは、とくに中間宿主での病害が著しく中枢神経障害、肺炎症状、発熱、流・早・死産、全身衰弱などがおこる。さらに、赤血球や血管内皮系細胞などに寄生するものでは、出血、貧血、発熱、喀血(かっけつ)などのほか諸臓器の出血性病変が特徴的である。宿主にはヒトのほか家畜や家禽(かきん)の大部分が含まれるので、医学ならびに産業上きわめて重要な病気である。[小山 力]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコクシジウムの言及

【コクシジウム症】より

…ウシ,ブタ,ニワトリやイヌ,ネコにみられるコクシジウムcoccidium(胞子虫綱に属する原虫の一群)による疾病。コクシジウムとしては,ウシではEimeria zurnii,E.bovis,E.ellipsoidalis,E.auburnensisが多く,ブタではEimeria属10種,Isospora属3種が知られる。…

※「コクシジウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

コクシジウムの関連キーワードF.リチャード シャウディンクリプトスポリジウムアピコンプレックス類ロイコチトゾーン病サルコキスティスコクシジウム症マラリア病原虫ヒトイソスポラヤギ(哺乳綱)トキソプラズマEimeriaマラリア原虫シャウディン原虫感染症家畜近縁

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android