コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コタニワタリ

百科事典マイペディアの解説

コタニワタリ

オオタニワタリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コタニワタリ【hart’s‐tongue fern】

単葉で全縁の葉を叢生(そうせい)するチャセンシダ科の常緑性シダで,オオタニワタリに比してせいぜい30cmくらいの葉の大きさしかないことから,この名でよばれている(イラスト)。しばしば観賞用に栽培される。地上生で短く斜上する根茎には,披針形から線状で,格子状になる淡褐色,膜質の鱗片が多い。葉は下部が多少狭くなり,基部は深く心形となり,左右に広がって耳片をつくる。葉脈は叉(さ)状に分岐して平行に並ぶ。胞子囊群は隣の群から出て相対する小脈上に向かい合ってつき,線形。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コタニワタリ
こたにわたり / 小谷渡り
[学]Phylltis scolopendrium (L.) Newm.

チャセンシダ科の常緑性シダ。短い根茎から細長い単葉を束生し、葉身の基部は心臓形で左右に広がり耳状となる。中脈の両側に斜めに長い胞子嚢(ほうしのう)群がつき、包膜も同形である。北半球の冷温帯に分布する。[西田 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例