コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コタニワタリ

3件 の用語解説(コタニワタリの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コタニワタリ

オオタニワタリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コタニワタリ【hart’s‐tongue fern】

単葉で全縁の葉を叢生(そうせい)するチャセンシダ科の常緑性シダで,オオタニワタリに比してせいぜい30cmくらいの葉の大きさしかないことから,この名でよばれている(イラスト)。しばしば観賞用に栽培される。地上生で短く斜上する根茎には,披針形から線状で,格子状になる淡褐色,膜質の鱗片が多い。葉は下部が多少狭くなり,基部は深く心形となり,左右に広がって耳片をつくる。葉脈は叉(さ)状に分岐して平行に並ぶ。胞子囊群は隣の群から出て相対する小脈上に向かい合ってつき,線形。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コタニワタリ
こたにわたり / 小谷渡り
[学]Phylltis scolopendrium (L.) Newm.

チャセンシダ科の常緑性シダ。短い根茎から細長い単葉を束生し、葉身の基部は心臓形で左右に広がり耳状となる。中脈の両側に斜めに長い胞子嚢(ほうしのう)群がつき、包膜も同形である。北半球の冷温帯に分布する。[西田 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コタニワタリの関連キーワード全縁単葉笹団子製茶奏請叢生族生フィロズルチン叢生片岩叢生組織

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone