コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッテ Cottet, Charles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コッテ
Cottet, Charles

[生]1863.7.12. ルピュイ
[没]1925.9. パリ
フランスの画家。 1882年よりパリで絵画を学ぶ。初め P.シャバンヌの影響を受け印象派的な傾向を示す。 89年のサロンに初出品。ブルターニュを好み,素朴な農村や漁村の情景を描いて有名になる。その頃の絵画はゴーガンの画風に近い。暗い色調による情景描写は孤独な情緒をもち,宗教的感情までも表出している。代表作は3部作『海の地方にて』 (1898,オルセー美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コッテ
こって
Charles Cottet
(1863―1925)

フランスの画家。アカデミー・ジュリアンに学び、スペイン、アルジェリア、エジプト、イタリアを旅行し、1888年ポンタバン村をみいだし、彼の社会的、写実主義的な関心と、悲劇的表現への傾斜は、ブルターニュの漁師たちの貧しい生活を好個の対象とならしめた。『海の国にて』(1898・パリ国立近代美術館)などが代表作。その表現主義的傾向と黒を多用した暗い色調のために、リュシアン・シモンたちとともに「黒の連帯(バンド・ノワール)」と名づけられた。松方コレクションなどにコッテが多いのは、20世紀初頭の評価を物語っている。[中山公男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コッテの関連キーワードスリ・ジャヤワルダナプラ・コッテジャック・エミール ブランシュキャドバリー・シュウェップススリジャヤワルデネプラコッテモンゴメリー・スコットバート・ゴーデスベルクジャネット ベーカーシルヴィ ヴァルタンクリス スペディングフィル ジャクソンデニス ロッドマンデニス・ロッドマンパット マッグリンシャルル デュトワジャック ブルーススコット ホルトデリック ローズスリランカの要覧スタウアヘッドレジャンス様式

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android