コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッテ コッテ Cottet, Charles

3件 の用語解説(コッテの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コッテ
コッテ
Cottet, Charles

[生]1863.7.12. ルピュイ
[没]1925.9. パリ
フランスの画家。 1882年よりパリで絵画を学ぶ。初め P.シャバンヌの影響を受け印象派的な傾向を示す。 89年のサロンに初出品。ブルターニュを好み,素朴な農村や漁村の情景を描いて有名になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コッテ(Kotte)

スリランカの首都スリジャヤワルダナプラコッテの通称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コッテ
こって
Charles Cottet
(1863―1925)

フランスの画家。アカデミージュリアンに学び、スペインアルジェリアエジプトイタリアを旅行し、1888年ポンタバン村をみいだし、彼の社会的、写実主義的な関心と、悲劇的表現への傾斜は、ブルターニュの漁師たちの貧しい生活を好個の対象とならしめた。『海の国にて』(1898・パリ国立近代美術館)などが代表作。その表現主義的傾向と黒を多用した暗い色調のために、リュシアン・シモンたちとともに「黒の連帯(バンド・ノワール)」と名づけられた。松方コレクションなどにコッテが多いのは、20世紀初頭の評価を物語っている。[中山公男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コッテの関連キーワードハルピュイアイルピュイピュイドドーム山ルピュイアンブレーカルピスの日ピュイス安山岩ノートル・ダム大聖堂(ル・ピュイ)ハルピュイアピュイ・サン・フロンピュイッサンス競技 (puissance)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コッテの関連情報