コデマリ(小手毯)(読み)コデマリ(英語表記)Spiraea cantoniensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「コデマリ(小手毯)」の解説

コデマリ(小手毯)
コデマリ
Spiraea cantoniensis

バラ科の落葉低木で,中国原産。観賞用として古くから日本に伝えられた。全体は高さ1~2mでよく分し,枝の先端がやや垂れ下がる傾向がある。春に,新葉の出るのとほぼ同時に前年葉腋から伸びた枝の先端に,白色の多数の小花をまり状に固めてつける。花のついた状態が小さいまりのようにみえるので小手毬と呼ばれた。個々の花は径 1cm足らずの5弁花で多数のおしべがあり,ユキヤナギに似ている。葉は展開すると長さ2~5cmの楕円形で上半部にわずかに鋸歯があり,葉の裏は白色を帯びている。半日陰の場所によく育つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android