コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コトパクシ火山 コトパクシかざんVolcán Cotopaxi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コトパクシ火山
コトパクシかざん
Volcán Cotopaxi

エクアドル中北部,アンデス山脈中にある活火山。首都キトの南約 50km,コトパクシ州ピチンチャ州州境に位置する。世界最高の活火山で,標高 5896m。美しい円錐形の成層火山で,4400~4700m以上は常に氷雪でおおわれている。山頂には南北径約 700m,東西径約 500m,深さ約 360mの大きな火口があり,平時は硫黄を含む水蒸気を噴出。 16世紀以降多くの活動記録があり,周辺一帯に大きな被害を与えたことも少くない。最近の噴火は 1942年。 1872年ドイツ人科学者 W.ライスが初めて登頂に成功した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コトパクシ火山
ことぱくしかざん
Volcan de Cotopaxi

南アメリカ、エクアドルの首都キトの南にある、世界最高の活火山。スペイン語ではコトパヒ。標高5896メートル。夏も白雪を頂く。アンデス山脈中にあり、安山岩質で、二重式の成層・円錐(えんすい)火山である。基底直径22キロメートル。中央火口丘は1938年に生成、古くは1532年、近くは1942年など、53回の山頂噴火を記録する。ストロンボリ式噴火が多く、溶岩流も発生する。融雪による火山泥流で大被害を出しやすい。[諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コトパクシ火山の関連キーワードラタクンガ諏訪

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android