コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コトパクシ火山 コトパクシかざん Volcán Cotopaxi

2件 の用語解説(コトパクシ火山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コトパクシ火山
コトパクシかざん
Volcán Cotopaxi

エクアドル中北部,アンデス山脈中にある活火山。首都キトの南約 50km,コトパクシ州ピチンチャ州の州境に位置する。世界最高の活火山で,標高 5896m。美しい円錐形の成層火山で,4400~4700m以上は常に氷雪でおおわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コトパクシ火山
ことぱくしかざん
Volcan de Cotopaxi

南アメリカ、エクアドルの首都キトの南にある、世界最高の活火山。スペイン語ではコトパヒ。標高5896メートル。夏も白雪を頂く。アンデス山脈中にあり、安山岩質で、二重式の成層・円錐(えんすい)火山である。基底直径22キロメートル。中央火口丘は1938年に生成、古くは1532年、近くは1942年など、53回の山頂噴火を記録する。ストロンボリ式噴火が多く、溶岩流も発生する。融雪による火山泥流で大被害を出しやすい。[諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コトパクシ火山の関連キーワードアンデス山脈エクアドルケチュア族コトパクシチンボラソアンデス[山脈]コトパクシ[山]チンボラソ[山]マラニョン[川]アンデス地方

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone