コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コナグラ・フーズ コナグラ・フーズ ConAgra Foods,Inc.

2件 の用語解説(コナグラ・フーズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コナグラ・フーズ
コナグラ・フーズ
ConAgra Foods,Inc.

アメリカ合衆国の大手食品メーカー。 1919年ネブラスカ・コンソリデーテッド・ミルズとして設立。 1971年コナグラに社名変更。企業買収によって多角化をはかり,成長する。 1977年乾燥ドッグ・フードのボー・ウーと特殊穀物販売のバーデック・グレイン,1983年アーマー食品,1986年シーフードのトライデント・シーフーズ,1989年アメリカ有数の鶏肉業者ホーリー・ファームス,1990年ベアトリス・フーズ,1991年電子レンジ調理用食品メーカーのゴールデン・バレー・マイクロウェーブ・フーズを買収。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コナグラ・フーズ
こなぐらふーず
ConAgra Foods, Inc.

アメリカの大手総合食品・農産物製品グループ。世界最大規模の食品工業会社の一つ。1919年、ネブラスカ州に設立された製粉会社ネブラスカ・コンソリデーテッド・ミルズ社の後身企業。1970年以降、企業買収などで多角的な食品メーカーに転身を図り、1971年コナグラConAgra, Inc.と改称。1983年に名門食肉メーカーのアーマーを買収したほか、いくつかの有力な水産会社を買収して規模を拡大した。さらに1990年にはスウィフトSwiftなど多数の有力ブランド食品をもつベアトリス・フーズの大部分を買収して総合食品メーカーとなり、これを機に現社名に改称した。コナグラが吸収合併した主要食品企業には、アーマー、スウィフト、ベアトリス、ノートン・サイモンなどが含まれる。
 コナグラ・フーズは売上げ1億ドル以上の有名ブランド33品目をもち、小売販売で約120億ドル、レストランや業務用に約100億ドルの売上高をもつアメリカ最大級の食品・農業製品企業となっている(データはすべて2000年)。2001年の総売上高は271億9420万ドル、純利益は6億3860万ドルに上る。同年の事業部門は、パッケージ食品(ブランドつきの保存性食品、冷凍品、冷蔵品)、食肉加工(牛肉、豚肉、家禽(かきん)の精肉)、食品材料(調味料、スパイス、穀物製粉事業)、農業製品(農家向け種子・肥料・農薬の販売、農産物販売)からなり、パッケージ食品が売上高の約32%(利益の61%)、食肉加工が約49%(同24%)を占める。[田口定雄]

その後の動き

絶えず新たなブランドを傘下に収めるとともに、手放してもおり、2006年には七面鳥・加工肉ブランドを、2007年には冷凍ピザのブランドなどを整理している。また、2008年3月に穀物取引事業をヘッジファンドのオスプライ・スペシャル・オポチュニティーズ・ファンドに6億ドルで売却した。消費者向け食品と業務用食品の販売が事業の二本柱であり、2009会計年度の総売上高は127億3120万ドル、純利益は9億7840万ドルであった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コナグラ・フーズの関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカン合衆国ネブラスカ亜米利加アメリカ連合国アメリカン・スタッグハウンドアメリカ合衆国最高裁判所アメリカ合衆国陸軍士官学校

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone