コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コナスビ

百科事典マイペディアの解説

コナスビ

日本全土,東アジアの平地や山地草地にはえるサクラソウ科多年草。茎は地をはって伸び,長い軟毛がはえ,多くは多少赤みを帯びる。葉は対生し,広卵形で柄があり,長さ1〜2.5cm。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コナスビ
こなすび / 小茄子
[学]Lysimachia japonica Thunb.

サクラソウ科の多年草。茎は地面に伏して広がり、所々で根を下ろす。葉は対生し円形で長さ1~2センチメートル、短い柄があり、茎とともに細毛がある。5~6月、葉のわきに黄色の5弁花を1個開く。果実は小さく、萼(がく)のついた果実の形がナスに似るので、コナスビという。やぶ陰に生え、日本全土から中国南部、マレーシアに分布する。ヨーロッパ原産のヨウシュコナスビL. nummularia L.は、葉は大形でみずみずしく茂り、夏の初めに径1センチメートルほどの黄色花を数多く開き、ロック・ガーデンや鉢植えとして栽培される。[鳥居恒夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コナスビの関連キーワードオカトラノオリシマキア犬酸漿