コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コバルト・ブルー cobalt blue

翻訳|cobalt blue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コバルト・ブルー
cobalt blue

絵具の色名の1つ。古くはドイツ青という名で知られた青色顔料。組成はアルミン酸コバルト CoO・Al2O3 で,古代ローマのプリニウスの記録にもみられる。 1802年 L.-テナールが化学的に製造法を発明したためテナール青とも呼ばれる。絵具として用いられたのは 40年頃からである。色相は原鉱を焼成する温度と冷却に移行する際の温度によって異なるので,標準の色相を定めるのはむずかしいとされる。また粒子の大きさによっても発色に差異が生じる。しかし油絵具として用いられると透明な美しい碧色を呈する。堅牢で耐候性,耐熱性,酸およびアルカリにも強く,油との乾燥力もよくすぐれた絵具。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コバルト・ブルーの関連キーワードプリニウステカポ湖

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コバルト・ブルーの関連情報