コマツナ(小松菜)(読み)コマツナ(英語表記)Brassica campestris var. komatsuna

  • コマツナ(小松菜) Brassica campestris L.var.perviridis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブラナ科の一年生または越年生の草本。分類学上はアブラナ変種とされるが,もっぱら食用に栽培される。東京の江戸川区小松川原産地といわれ,この名のもととなった。耐寒性が強く,葉質が軟らかで繊維が少いなどの特徴があるので,10月頃播種し,12月より正月にかけて菜類の欠乏期に利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アブラナ科の一〜二年生の野菜。他のアブラナ類から日本で分化したものといわれ,明治初年より栽培される。名は主産地であった東京の小松川に由来。長楕円形,濃緑色の葉は柔らかく甘味があり,浸し物,カラシあえ,汁の実などにする。耐寒性が強く,2月に収穫できる品種もある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アブラナ科の一年草で,アブラナ(ナタネ)の変種。漬菜類の一種カブ近縁であるが,カブのようには根部が肥大しない。フユナ(冬菜),ウグイスナ,カサイナ(葛西菜)などともよばれる。小松菜の名称は東京の小松川で発達した菜であることに由来する。在来カブのククタチからでてきたものと思われる。関西ではほとんど栽培されず,関東での栽培が多い。葉数はあまり多くなく,株もそれほど大きくはならない。葉はへら形,丸形およびその中間形に分かれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコマツナ(小松菜)の言及

【漬菜】より

…そのような両用の利用から油料専用の作物としてアブラナ(ナタネ)が育成される一方,野菜専用の作物として多数のアブラナ類の品種群が東アジアで選択されてきた。それらはカブやハクサイ類,さらにはカブに近縁なハカブラ(ノザワナ(イラスト)),ヒノナ(イラスト),スグキナ,コマツナ(イラスト)などと,アブラナに近縁なハタケナ,マナなど,あるいは独特の形態と特性をもつミズナ(キョウナ(イラスト)),タイサイ(シャクシナ)などである。 このように漬菜の起源にはアブラナ(ナタネ)が密接な関係をもつが,アジアでその分化がみられるところから,シンスカヤE.N.Sinskaja(1928)はアジアを原産地域としている。…

※「コマツナ(小松菜)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android