コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コメツガ(米栂) コメツガTsuga diversifolia

1件 の用語解説(コメツガ(米栂)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コメツガ(米栂)
コメツガ
Tsuga diversifolia

マツ科の常緑の針葉樹。本州中・北部の亜高山帯を中心に,四国や九州の高地にも生じる。大高木で高さ 20~30mとなる。同属の近縁種であるツガ T. sieboldiiによく似ているが,葉の長さが短く,若枝に毛があり,また生育地もツガよりは高い所に分布する。葉は枝に対して羽状につき,大小の2型が混っていて長さ数 mmないし 15mm,表面は光沢があり裏面は白い。径 1cmあまりの丸い松かさ状の球果をつける。本州中部の亜高山帯では,しばしば純林をつくることもあるが通常はシラビソ (白檜曾) オオシラビソ (大白檜曾) などと混って針葉樹林帯の主要な樹種となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone