コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コメツガ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コメツガ
こめつが
[学]Tsuga diversifolia (Maxim.) Mast.

マツ科の常緑針葉樹。大きいものは高さ30メートル、直径1.5メートルに達する。樹皮は灰色で堅く、薄い裂け目がある。葉は線形で小さく、長さ4~20ミリメートル、幅1.5~2.0ミリメートル。雌雄同株。開花は6月。雄花も雌花もともに小枝の先に単生する。球果は広卵形で、長さ1.5~2.0センチメートル、幅1.3~1.4センチメートル、10月ころ褐色に熟す。本州、四国の尾根や急斜地に多く生え、ごくまれに九州にも生育し、生育地は海抜600メートルから2750メートルに及ぶ。材は木目がまっすぐ通り、緻密(ちみつ)で軽くて柔らかく、耐久性が強く、光沢美がある。建築、器具、船舶、土木などに利用する。ツガと異なる点は、小枝に毛のあること、葉が短小でそろってついていること、球果がやや小さく広卵形で横向きにつくことである。名は、ツガに似ているが葉が小形であることによる。[林 弥栄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコメツガの言及

【ツガ(栂)】より

…材は重硬で強く,粉白を帯びた淡褐色の色調が上品なので,なげし,鴨居,柱など装飾材として使われる。 本州中部では標高1500~1600m以上でツガに代わって同属のコメツガT.diversifolia Mast.(イラスト)が現れて亜高山帯針葉樹林を構成し,同帯下部では純林をつくることもある。一年枝には短毛があり,冬芽は先が平たい。…

※「コメツガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

コメツガの関連キーワード白檜曽帯・白檜曾帯・白桧曽帯・白桧曾帯秩父多摩甲斐国立公園カヤクグリ(茅潜過)ダケカンバ(岳樺)日本の国立公園剣山国定公園日本アルプス佐久穂(町)石鎚国定公園江古田植物群サルオガセ田代山湿原甲武信ヶ岳西吾妻山十文字峠高峰高原亜高山帯マツタケ志賀高原釈迦ヶ岳

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コメツガの関連情報