コモドロ・リバダビア(英語表記)Comodoro Rivadavia

世界大百科事典 第2版の解説

コモドロ・リバダビア【Comodoro Rivadavia】

アルゼンチン南部,パタゴニア地方のチュブト州の主要都市。人口12万4104(1991)。1901年サルミエント入植村の港として建設された。07年付近の国有地で油田が発見され,09年鉄道が開通し,石油,天然ガスの町として発展。49年首都と結ぶガス・パイプラインも完成した。精油所,コークスおよび石油化学工場を持つ。【今井 圭子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android