コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリヤーク族 コリヤークぞくKoryaki

世界大百科事典 第2版の解説

コリヤークぞく【コリヤーク族 Koryaki】

ロシア連邦のカムチャツカ半島の北半分から大陸部にかけて居住する原住民。人口8900(1989)。コリヤーク語を話し,その大部分が現在コリヤーク自治管区を構成する。ロシア人が入植した17世紀半ばには,すでに生業の上でトナカイ・コリヤークと海岸コリヤーク(定住コリヤーク)の別があった。前者はチャフチフChavchyvと自称し,内陸部でトナカイ牧畜を専業とする。後者はニミリンNymylynと自称。海岸に定住し,夏は川でサケやマスを捕って干魚(ユッコラ)をつくり,冬は皮舟(バイダラ,バイダルカ)でアザラシ,クジラなどの海獣猟を行う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコリヤーク族の言及

【住居】より


[トナカイ遊牧民の天幕ヤランガ]
 ツンドラや森林ツンドラにはトナカイ飼養に専従するいわばトナカイ牧畜が発達した。ネネツ族,ヤクート族の一部,内陸部のチュクチ,コリヤーク族はトナカイ群を追う遊牧生活を送った。その住居はヤランガyarangaと呼ばれる天幕であった。…

【ソビエト連邦】より

…上記のハンティ,マンシ,ネネツもその一部であるが,大部分はツングース語系諸族と旧シベリア諸族(パレオアジアート,古アジア諸族とも呼ばれる)である。前者には西シベリアからオホーツク海沿岸に分布するエベンキ族,アムール川下流,サハリン,沿海州に分布するエベン族,ナナイ族,ウリチ族,ウイルタ族(旧称オロッコ族),オロチ族などの民族が属し,後者にはコリヤーク族,チュクチ族,イテリメン族(旧称カムチャダール族),ニブヒ族(旧称ギリヤーク族),ユカギール族,ケート族などの民族が属する。 インド・ヨーロッパ語族に属する言語をもつ民族には,前記のロシア人,ウクライナ人,白ロシア人(ベラルーシ人)のほかに,バルト海沿岸にリトアニア人とラトビア人,ウクライナの南に,ルーマニア人と言語・文化の面で近いモルダビア(モルドバ)人がいる。…

【ボール】より

…こうしてこの世に月が現れた……。シベリアのコリヤーク族なら,かつてこの世に深い闇が訪れたが,それは悪霊が太陽を隠し,こっそりボールにして遊んでいたためであるという日食神話をもっている。もっとも,ゲームで用いるボールがいつでもどこでも球体であるというのではない。…

※「コリヤーク族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コリヤーク族の関連キーワードV.I. ヨヘルソントナカイ・コリヤークチュクチ族

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android