コルベール(Jean-Baptiste Colbert)(読み)こるべーる(英語表記)Jean-Baptiste Colbert

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルベール(Jean-Baptiste Colbert)
こるべーる
Jean-Baptiste Colbert
(1619―1683)

フランスの政治家。北フランスのランス市に生まれる。毛織物商の家系出身。ルイ13世の宰相マザランの側近となり、ルイ14世親政とともに、1665年財政総監(首相格)に登用され、さらに宮内卿(くないきょう)、海軍卿など諸要職を兼ねて、経済政策を中心に内外政務を担当した。彼の時代が、フランス絶対王制の絶頂期となった。

 コルベールは、先進国イギリス、オランダに対抗してフランスを貿易大国に育成し、貿易差額によって国富(金銀)を増大することを目ざし、絶対王制期の重商主義の典型とされるコルベルティスムColbertisme体系を築き上げた。彼の構想では、国際商業戦争に勝つためには、輸出向け戦略商品(とくに毛織物)を安価かつ大量に生産することが必要であった。そこで、穀物価格(食糧費)の引下げ政策によって工業生産者の工賃の低下を図り、また織物を輸出適格商品にするため綿密な工業規制règlementsを生産者に強制した。同時に、全国の都市、農村の生産者にギルド組織への加入を義務づけ、そうした工業規制の徹底化と、製品の指定輸出商への強制集中を図った。他方、王立または国王特許による特権マニュファクチュア(作業場)を各地に設けて、毛織物のほか奢侈(しゃし)品(ゴブラン織など)、ガラスなどを生産させた。こうした工業育成策を基に、徹底した保護貿易政策をとり、輸出を奨励すると同時に、輸入製品には禁止的保護関税をかけた。また、東・西インド会社、レバント会社などを設立または発展させ、海軍・海運を育成して海外経営に乗り出し、ついにオランダとの戦争(1672~1678)に突入して、フランシュ・コンテやフランドル(毛織物地帯)諸都市を獲得した。

 しかし、官僚的な国家統制によるコルベルティスムに対し、農村地帯で成長する自由な半農半工の手工業者は強く抵抗して、ギルド加入や工業規制に応ぜず、この面ではコルベールの企図はあまり成功しなかった。また、対外的にも、イギリスの先進的な毛織物工業、オランダの海運業を打ち破るに至らなかった。そして1683年の彼の死(7月6日)後、政敵―重臣ル・テリエLe Tellier(1603―1685)家一門―の手に要職が移ったこともあって、特権マニュファクチュアや貿易会社は多く倒産し、コルベルティスムは事実上崩れていった。これ以後、財政危機や農村の疲弊、ナントの王令の廃止(1685)による新教徒産業家の大量亡命などが重なり、絶対王制に衰運が訪れる。

[中木康夫]

『吉田静一著『フランス重商主義論』(1962・未来社)』『中木康夫著『フランス絶対王制の構造』(1963・未来社)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android