コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランシュ・コンテ フランシュコンテ

2件 の用語解説(フランシュ・コンテの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

フランシュ・コンテ

フランス東部の旧州名,および現在の行政地域圏では,ほぼ同域のドゥー県ジュラ県,オート・ソーヌ県,ベルフォール地区を指す。中心都市はブザンソン。北はボージュ山地の南西斜面から,南はジュラ山脈の北西斜面までの高原を中心とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランシュ・コンテ
ふらんしゅこんて
Franche-Comt

フランス東部の歴史的地域名、旧州名。中心都市ブザンソン。現在も行政地域名として用いられ、オート・ソーヌ、ドゥージュラの3県の範囲に相当する。面積1万6202平方キロメートル、人口111万7059(1999)。セーヌ川ソーヌ川ドゥー川上流の高地地方で、ジュラ山脈を境としてスイスと接する。ケルト時代にスクァニイ人が居住していたが、ローマの支配下に入り、ついでゲルマン民族移動の影響を受け、ブルグント王国、さらにフランク王国に吸収された。9世紀にブルゴーニュ公の管理するブルゴーニュ伯領となり、915年、ブルゴーニュ公の二男ユーグ・ル・ノアールHugues le Noir以来、ブルゴーニュ伯家が当地方を領有した。名称は、公家に対する上納金を「免除された伯領」の意味で、14世紀に文書に現れる。1477年ハプスブルク家領となり、1548年スペイン王領に継承された。フランス三十年戦争期の10年間(1635~44)、フランドル戦争(1668)、オランダ戦争(1674)の3回にわたって占領し、1678年のナイメーヘンの和約によって、最終的にその領土に吸収された。この地方は山林地方で、中世以来、製材、家具製造と酪農を主産業とし、岩塩を特産とするが、近代に入って精密機械工業、19世紀末からはプジョー自動車工業がおこった。[千葉治男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランシュ・コンテの関連キーワード行政組織シャンパーニュフランス領インドシナブルゴーニュブルターニュプロバンスミュルーズツールドフランスアルボアオルナン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フランシュ・コンテの関連情報