フランシュ・コンテ(読み)フランシュコンテ

百科事典マイペディアの解説

フランシュ・コンテ

フランス東部の旧州名,および現在の行政地域圏では,ほぼ同域のドゥー県,ジュラ県,オート・ソーヌ県,ベルフォール地区を指す。中心都市はブザンソン。北はボージュ山地の南西斜面から,南はジュラ山脈の北西斜面までの高原を中心とする。二つの山地に挟まれたベルフォール狭隘部は,古代・中世以来の侵略・通商の要路。西にはソーヌ川,ドゥー川が流れるソーヌ平野の一部が広がり,東にはスイスと国境を隔てるジュラ山脈をひかえる。森林地帯が多い。開発のやや遅れた農村地域で,大量の人口流出をみた。高原地帯は酪農が盛んで,コンテチーズは有名。南西部ではブドウ酒醸造が行われる。第2次大戦後,工業化がすすみ,ブザンソン,モンベリアール,ベルフォールを中心に,自動車・機械・金属・木工・鋳造などの工業が発達。とくにソショーのプジョー自動車工場,ベルフォールのTGV用部品製造は有名。紀元前にケルト系民族が住んでいたが,カエサルによって占領。ブルグント王国フランク王国の支配を受け,11世紀前半にブルゴーニュ伯領として形成。ブルゴーニュ公国に統合(1384年)後,スペイン王領を経て,フランス王国に吸収(1678年)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランシュ・コンテ
ふらんしゅこんて
Franche-Comt

フランス東部の歴史的地域名、旧州名。中心都市ブザンソン。現在も行政地域名として用いられ、オート・ソーヌ、ドゥー、ジュラの3県の範囲に相当する。面積1万6202平方キロメートル、人口111万7059(1999)。セーヌ川、ソーヌ川、ドゥー川上流の高地地方で、ジュラ山脈を境としてスイスと接する。ケルト時代にスクァニイ人が居住していたが、ローマの支配下に入り、ついでゲルマン民族移動の影響を受け、ブルグント王国、さらにフランク王国に吸収された。9世紀にブルゴーニュ公の管理するブルゴーニュ伯領となり、915年、ブルゴーニュ公の二男ユーグ・ル・ノアールHugues le Noir以来、ブルゴーニュ伯家が当地方を領有した。名称は、公家に対する上納金を「免除された伯領」の意味で、14世紀に文書に現れる。1477年ハプスブルク家領となり、1548年スペイン王領に継承された。フランスは三十年戦争期の10年間(1635~44)、フランドル戦争(1668)、オランダ戦争(1674)の3回にわたって占領し、1678年のナイメーヘンの和約によって、最終的にその領土に吸収された。この地方は山林地方で、中世以来、製材、家具製造と酪農を主産業とし、岩塩を特産とするが、近代に入って精密機械工業、19世紀末からはプジョーの自動車工業がおこった。[千葉治男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android