コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルポスコープ コルポスコープcolposcope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルポスコープ
colposcope

子宮頸癌の早期診断に用いる腟拡大鏡。頸癌の発生しやすい子宮腟部,頸管部の粘膜表面を5~40倍に拡大し,肉眼では見えない早期の変化を発見する。これを用いた診察をコルポスコピーという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コルポスコープ(colposcope)

膣(ちつ)拡大鏡。先端部に光源を有する低倍率(8~40倍)の顕微鏡子宮頸部(けいぶ)と膣を直接視診するもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

コルポスコープ【colposcope】

腟腔から内視鏡的にその最深部に存在する子宮頸部を観察するための機器。〈コルポ〉は腟と子宮を意味するギリシア語kolposに由来する。1925年ヒンゼルマンH.Hinselmannの発明によるもので,目的は子宮頸癌ならびにその前癌性病変を早期診断するためである。コルポスコープを用いると,頸部表面を立体的に5~40倍に拡大視することができる。初めドイツを中心にヨーロッパ諸国で使われていたが,日本には第2次大戦後導入され,昭和30年代から広く用いられており,1970年以降アメリカを含む全世界に普及した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルポスコープ
こるぽすこーぷ
colposcope

(ちつ)拡大鏡ともいい、6~40倍の拡大率をもった立体顕微鏡に強力な照明装置をつけ、焦点調節が容易にできるような支持台に取り付けたものである。子宮頸癌(けいがん)の好発部位である子宮頸腟部を直視下に観察し、ことに肉眼で見ることのできない無症状、無自覚の臨床前癌(早期癌)を発見するための強力な診断装置である。コルポマイクロスコープはさらに倍率の高い100~200倍で、組織表面の細胞を生体染色して観察するための装置である。[新井正夫]

コルポスコピー

コルポスコープを用いて診断することで、腟拡大鏡診ともいう。この診断法は病変の局在を知るのに有効であり、細胞診およびコルポスコピーによって確認された異常部位をねらって行う生検(ねらい組織診)の3法を併用することによって正確な診断がなされる。また、集団検診で多人数に行った細胞診の要精密検査者を対象に実施する方法としても有用である。コルポスコピーは細胞診と併用することによって高度異形成上皮などの前癌病変および上皮内癌や初期浸潤癌など早期癌の発見が可能となり、子宮癌の治癒率は飛躍的な向上をきたした。また、これによって、膀胱(ぼうこう)や直腸の障害を少なくする最小にして有効、適切な縮小手術ができるようになった。[新井正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコルポスコープの言及

【内視鏡】より

…体のなかにある空間,すなわち内腔を観察するための道具をいう。内部を見る器具を意味するエンドスコープendoscope(endoは内部,scopeは望遠鏡などものを見るための道具)の訳語。対象とする内腔が胃であるか膀胱であるかなどによって,胃鏡あるいは膀胱鏡などと呼ばれ,内視鏡はそれらの総称である。日本でこの用語が広く用いられるようになったのは,1961年に日本内視鏡学会が設立された以降のことである。…

※「コルポスコープ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone