コンキスタドール(英語表記)〈スペイン〉conquistador

百科事典マイペディアの解説

コンキスタドール

本来はスペイン語征服者の意だが,特に16世紀初め南北アメリカ大陸を征服したスペイン人冒険者たちをさす。アステカを滅ぼしたH.コルテスインカを滅ぼしたF.ピサロがその代表的人物。新しい領土を獲得し,黄金・財宝に貪欲である一方,キリスト教を未知の世界の人びとに伝えるという使命感も持っていた。征服が完了すると,エンコミエンダをめぐって王室と対立するようになった。
→関連項目エル・ドラドクロニスタケツァルコアトルバルボアメキシコ料理

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コンキスタドール【Conquistador】

スペイン語で〈征服者〉を意味するが,とくに新大陸征服者,すなわち16世紀前葉に南北アメリカ大陸を征服したスペイン人を指す。彼らは征服によって新しい領土を獲得し,黄金・財宝を貪欲に探し求めたが,同時に偶像崇拝人身御供などを伴う“邪教”を絶滅し,キリスト教を未知の世界の人びとへ伝えるという使命感をも持っていた。彼らは現世的利益への渇望と福音伝道の熱意とを同時に持ち合わせていたのである。その背景には,キリスト教徒のスペイン人が約8世紀にわたってイスラム教徒を相手にレコンキスタ(国土回復戦争)を戦ってきた歴史のあることを見逃すことはできない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コンキスタドール【conquistador】

〔征服者の意〕
1492年のコロンブスの新大陸到達後、一獲千金を夢見て赴いた探検家のこと。中世的な騎士道精神と福音伝道の熱意をあわせ持つ。コルテスやピサロなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のコンキスタドールの言及

【エンコミエンダ】より

…権利とは貢租賦役を課する権利であり,義務とは彼らを保護しキリスト教に改宗させる義務である。信託を受けた個人をエンコメンデロencomenderoと称し,多くはコンキスタドール(征服功労者)であった。信託地域は広義の所領を構成するが,住民の身分はスペイン国王の自由な臣民であって,奴隷でも農奴でもない。…

【ラテン・アメリカ】より

…【増田 義郎】
【歴史】

[スペインの統治機構]
 スペインの植民地経営の基礎は1492年から1550年に至るいわゆる発見・征服時代に築かれた。スペイン国王はコロンブス,コルテス,ピサロ,その他代表的なコンキスタドールたちに全面的な政治権力をゆだねたので,その結果,彼らは征服地においては君主のような存在となった。しかし,いったん征服地の重要性が明らかになると,王室はコンキスタドールの権力の削減に努め,中央集権化を図るためにスペインで採用した諸制度を同じ目的のもとに新たに発見・征服したインディアスへ移植した。…

※「コンキスタドール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android