コンパレーター(読み)こんぱれーたー(英語表記)comparator

翻訳|comparator

日本大百科全書(ニッポニカ)「コンパレーター」の解説

コンパレーター
こんぱれーたー
comparator

正確な尺度と比較して物体の長さを精密測定するための器械。比較測長機ともいう。天文学では1990年代以降はCCD(固体撮像素子)が多用されるが、歴史的には写真原板上の像位置やスペクトル写真の波長測定などに用いられてきた。載台、標準尺、顕微鏡からなり、被測定物が動くものと顕微鏡が動くものがある。顕微鏡は視野内に十字線を有し、それに被測定物の像をあわせて測定する。投影式のものもよく使われる。標準尺にはガラスに精密目盛りを刻んだものや、精密ねじの回転角によって測るものが多いが、モアレ縞(じま)やリニア・エンコーダー(直線状の磁気スケールなどを用いて長さを数値的に測るもの)、レーザー干渉計によって読取り精度は向上した。工学では光学利用のオプチメーター(光学的エンコーダーを用いた測長器)、空気マイクロメーター電気マイクロメーターダイヤルゲージなどが使われる。

[山下泰正]

『大園成夫編著『精密測定機器の選び方・使い方』新版(1997・日本規格協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「コンパレーター」の解説

コンパレーター

〘名〙 (comparator) 基準となる長さとの比較によって物体の長さを精密測定する装置。天文学のスペクトル写真の波長測定や電気回路などで用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のコンパレーターの言及

【測長器】より

…長さ計は,主として,ものさし,はさみ尺(例えばノギス),回転尺(回転部の周長で求めるもので,例えばタクシーメーター)などを指すことが多いが,なかには長さ測定用機器を総称することもある。拡大機構を有する長さ測定器には,それ自身の中に標準片をもっているマイクロメーターや測長器と,標準片をそれ自身の中にもたない指針測微器,ダイヤルゲージ,電気マイクロメーターなどとがあり,後者を比較測長器あるいはコンパレーターと呼んでいる。 測長器の標準片として,マイクロメーターねじ,標準尺,エンコーダーなどが用いられ,横型と縦型とがある。…

【比較測長器】より

…コンパレーターともいう。比較測長器は,物体の長さと測定する物体の寸法とほぼ等しい長さのブロックゲージや標準ゲージなどの標準の長さとを置き換え,それらの差を測定器のもつ拡大機構によって指針の振れとして求める測定器である。…

※「コンパレーター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android