コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンパレーター コンパレーター comparator

翻訳|comparator

4件 の用語解説(コンパレーターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コンパレーター(comparator)

微小な長さを高精度で測る装置。測定される物と標準ゲージとの寸法差を顕微鏡で拡大、比較して長さを求める。比較測長器

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コンパレーター

比較測長器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

コンパレーター【comparator】

精密測定に用いる測長器の総称。測定物と標準尺とを、顕微鏡で比較測定して長さを求めるものが代表的。比較測長器。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンパレーター
こんぱれーたー
comparator

正確な尺度と比較して物体の長さを精密測定するための器械。比較測長機ともいう。天文学では1990年代以降はCCD固体撮像素子)が多用されるが、歴史的には写真原板上の像位置やスペクトル写真の波長測定などに用いられてきた。載物台、標準尺、顕微鏡からなり、被測定物が動くものと顕微鏡が動くものがある。顕微鏡は視野内に十字線を有し、それに被測定物の像をあわせて測定する。投影式のものもよく使われる。標準尺にはガラスに精密目盛りを刻んだものや、精密ねじの回転角によって測るものが多いが、モアレ(じま)やリニア・エンコーダー(直線状の磁気スケールなどを用いて長さを数値的に測るもの)、レーザー干渉計によって読取り精度は向上した。工学では光学利用のオプチメーター(光学的エンコーダーを用いた測長器)、空気マイクロメーター、電気マイクロメーター、ダイヤルゲージなどが使われる。[山下泰正]
『大園成夫編著『精密測定機器の選び方・使い方』新版(1997・日本規格協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコンパレーターの言及

【測長器】より

…長さ計は,主として,ものさし,はさみ尺(例えばノギス),回転尺(回転部の周長で求めるもので,例えばタクシーメーター)などを指すことが多いが,なかには長さ測定用機器を総称することもある。拡大機構を有する長さ測定器には,それ自身の中に標準片をもっているマイクロメーターや測長器と,標準片をそれ自身の中にもたない指針測微器,ダイヤルゲージ,電気マイクロメーターなどとがあり,後者を比較測長器あるいはコンパレーターと呼んでいる。 測長器の標準片として,マイクロメーターねじ,標準尺,エンコーダーなどが用いられ,横型と縦型とがある。…

【比較測長器】より

…コンパレーターともいう。比較測長器は,物体の長さと測定する物体の寸法とほぼ等しい長さのブロックゲージや標準ゲージなどの標準の長さとを置き換え,それらの差を測定器のもつ拡大機構によって指針の振れとして求める測定器である。…

※「コンパレーター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コンパレーターの関連キーワード圧縮試験縁切り生コンクリートサーモコンクリートコンクリート舗装コンクリート・アイランドコンクリートの島四肢周囲測定グランドコンクリートアサノコンクリート

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンパレーターの関連情報