コンビニエンスストア(英語表記)convenience store

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンビニエンスストア
convenience store

飲食料品を中心とする最寄品をセルフサービス方式で小売りする事業所。店舗規模は小さく売場面積は 30m2以上~250m2未満で,終日または1日 14時間以上の営業を行なう。多くの場合フランチャイズ・チェーンに加盟し,本部の全面的な援助を得て経営の合理化に努める。販売時点情報管理システム POSや補充発注システム EOSを導入し,商品の単品管理を実施することで売場効率を格段に高めている。また物流管理を徹底し,多頻度配送が一般化している。 1927年アメリカ合衆国のテキサス州ダラスで,パン,牛乳,卵などを置く商店が1日 16時間,無休で営業を行なったのが始まりとされる。日本では 1974年,大手としては初めて,アメリカのサウスランドと契約したヨークセブン (1978年からセブン-イレブン・ジャパン ) によるセブン・イレブンの店舗が東京都江東区豊洲に開店。これを機に,大手スーパーマーケットがアメリカの企業と提携するなどして次々と事業に参入,1980年代から急速に店舗を増やして全国的に普及した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コンビニエンス‐ストア(convenience store)

コンビニエンスは、便利の意》食料品・日用品を中心に扱う小型スーパー。住宅地に近接、長時間営業などの便利さを提供するのが特徴。コンビニ
[補説] 
2016年に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2016」キャンペーンでの「コンビニ」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆家からの距離、数で田舎度合いを測るもの。
kanana22さん

◆好奇心旺盛な人のためのグルメ天国。
未来さん

◆私を24時間待ってくれる都合のいい恋人。会うのもジャージだし、ノーメイク。どんな姿の私でも受け入れてくれる、優しいヤツなんです。いつも魅惑的なスイーツ用意して待ってるし。ついつい会っちゃうんです。
しょこりんさん

◆ドラえもんの四次元ポケットみたいになんでもある。ただし有料だけどね。
NOBLENDYさん

◆ダイエットの敵。
社会人3年目転職希望さん

◆あなたのまちの冷蔵庫。
mr1さん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

コンビニエンスストア【convenience store】

早朝から深夜まで、あるいは無休で日常生活に必要な品を中心に扱う小型のスーパーストア。コンビニ。 CS 。 CVS 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

コンビニエンス‐ストア

〘名〙 (convenience store 「コンビニエンス」は、便利、簡便の意) 早朝から深夜、あるいは二四時間営業して、日用の食料、雑貨などをセルフサービス方式で売る小型スーパー。コンビニ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンビニエンスストアの関連情報