コーキング(英語表記)caulking

デジタル大辞泉の解説

コーキング(caulking)

[名](スル)防水などのため、継ぎ目やすきまを埋めること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

コーキング【coking】

コークスを生ずる化学反応,またはコークスを生産するプロセスをいう。ふつうには石油系重質油を約500℃の高温で熱分解し,ガスや分解留出油と同時にコークスを生産する方法を指す。反応器の形式により,ディレード・コーキング,フルード・コーキング,フレキシ・コーキングなどの方法がある。これらの方法で生産された石油コークスは灰分が少なく,炭素電極,人造黒鉛などの原料となる。石油コークス【冨永 博夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コーキング【caulking】

( 名 ) スル
窓枠の周囲、部材の接ぎ目などの小さいすき間にパテ状の充塡じゆうてん材を詰めること。
かしめ」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

コーキング【caulking】

サッシ周りやサイディングの継ぎ目などの小さなすきまに詰める、粘性の強い目地材。また、この目地材を詰めること。シーリング材と同じく、空気や埃、水の侵入や漏れを防ぐために用いるが、特に専用の押し出し機(コーキングガン)を用いて施工する樹脂性のものをいうことが多い。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

コーキング

〘名〙 (calking, caulking) 材料の接合部、継目、亀裂などにある隙間に、気密水密を保つようにするために詰めるつめ物。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のコーキングの言及

【熱分解】より

…このため,1930‐40年代に,より優れたガソリン生産技術である接触分解法が開発され,普及したため,熱分解ガソリン生産のための熱分解法はすたれてしまった。 しかし,現在でもビスブレーキング法,コーキング法などの石油熱分解技術は工業的に重要なプロセスとして実施されている。ビスブレーキングvisbreaking法は,石油の重質留分,たとえば原油の減圧蒸留の残油を原料とし,比較的ゆるやかな温度条件(たとえば420~450℃)で熱分解し,ガス,ナフサ,分解油,分解残油などを生産するプロセスである。…

※「コーキング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コーキングの関連情報