コーニス(英語表記)cornice

家とインテリアの用語がわかる辞典「コーニス」の解説

コーニス【cornice】

➀洋風建築で、(のき)の上部などに付けられた帯状装飾。◇「蛇腹(じゃばら)」ともいい、取り付けられた位置によって「天井蛇腹」「軒蛇腹」などという。
ギリシャローマ建築における、エンタブレチュア((はり))の最上部の水平帯。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「コーニス」の解説

コーニス
cornice

建築用語。古典建築のエンタブラチュアの最上部に置かれる部材。建物を雨水から保護するために突出し,軒先の線を明確に形づくる役目を果す。現在では建物の最上部にあって壁面より突出した装飾的な水平帯をいうが,機能は古典建築と同じである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「コーニス」の解説

コーニス

〘名〙 (cornice) 壁面を保護し、装飾の役割をも果たすため、軒先に突出した帯状の水平部分。軒蛇腹。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「利鎌のやうな残月が蛇腹(コルニイス)の端に落懸って居る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「コーニス」の解説

コーニス(cornice)

古代ギリシャ・ローマ建築のオーダーで、エンタブラチュアの最上部の水平材。軒蛇腹のきじゃばら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「コーニス」の解説

コーニス【cornice】

洋風建物の外壁上端,屋根庇の下,天井と壁の境などに置かれる水平の細長い突出部。蛇腹と訳される。通常,反転曲線面や角面などを組み合わせたモールディング(刳形(くりがた))からなる。壁上端でなくても,建物の階境などに,水切り庇をかねてめぐらされることがある。コーニスのモールディングは,古典的建築では,オーダーごとにほぼその組合せ方や寸法比例が定まっていた。ミケランジェロ以後,モールディングを自由に彫刻的に扱う傾向が強まり,バロックの建築ではきわめて奔放なものとなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコーニスの言及

【ギリシア美術】より

…それらは普通は3段の階段状基壇をもち,縦のフルーティング(溝彫)をつけた円柱を立てる。その上に桁に相当するアーキトレーブ(エピステュリオン),小壁に相当するフリーズ(ディアゾマ),壁面より突き出たコーニス(ゲイソン)をのせる。これら,柱の上にのる構造物全体をエンタブラチュアと呼ぶ。…

※「コーニス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android