コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コールカッター coal cutter

デジタル大辞泉の解説

コール‐カッター(coal cutter)

石炭採掘に用いる大型採炭機。多く、超硬合金を取り付けたビット(削岩用の刃)を配したチェーンを作動して石炭層を切削する方式のものをさす。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

コールカッター

炭鉱の切羽(きりは)で炭壁に透かしを入れる(火薬またはコールピックでくずしやすくするため炭壁を切って自由面を増す)機械。ジブ(腕)の周囲を刃のついた鎖を走行させるチェーンカッター(ジブカッター),刃のついたドラムを回転させるドラムカッターなどがある。
→関連項目炭鉱

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のコールカッターの言及

【採炭機】より


[発達の歴史]
 1861年にイギリスの炭鉱で使用されて,世界で初めて成功した採炭機は,アイアンマンiron manと呼ばれ,人間がつるはしを水平に振るう動作をまねて,炭層の下部に水平な溝を作る作業(下透し作業)を行うものであった。このアイアンマンの成功に刺激されて,19世紀末までには,その後長く使用されることになったチェーンカッターchain cutter(ジブカッターjib cutter,コールカッターcoal cutterとも呼ばれる)や,水平面内を回転する円板に刃物をとりつけたディスクカッターdisc cutter,水平軸を有する丸棒に多数の刃物をとりつけたバーカッターbar cutterなどがつぎつぎに発明され,いずれも炭層の下透し作業に用いられた。20世紀にはいると,下透し作業の後の打落し作業に用いるコールピックが発明された。…

※「コールカッター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コールカッターの関連キーワード鉱山機械採炭機械炭塵爆発支保採炭

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android