コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴビノー ゴビノー Gobineau, Joseph-Arthur, Comte de

5件 の用語解説(ゴビノーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴビノー
ゴビノー
Gobineau, Joseph-Arthur, Comte de

[生]1816.7.14. パリ近郊ビルダブレー
[没]1882.10.13. トリノ
フランスの東洋学者,人類学者,外交官,小説家。主著『人種不平等論』 Essai sur l'inégalité des races humaines (4巻,1853~55) において,純粋民族のみが肉体的にも精神的にも純粋性を保ち,文化の退廃,没落をきたすことがないとみなし,そのような民族をアーリア民族,特にゲルマン民族にありとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゴビノー(Joseph-Arthur de Gobineau)

[1816~1882]フランスの外交官・小説家・思想家。古代アーリア人の優秀性を唱えた「人種不平等論」はナチズムなどに利用された。他に小説「レ‐プレイアード」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゴビノー【Joseph‐Arthur de Gobineau】

1816‐82
フランスの作家,外交官。熱烈な王党派である近衛士官を父に持ち,少年期をフランスで過ごしたのち,1830年の七月革命を機にドイツスイスに赴き,19歳でパリに出て文筆活動に入る。49年,外相トックビルの知遇を得て,ヨーロッパ各地,南米,ロシアに赴任,さらにトルコギリシアを歴訪した。《中央アジアにおける宗教と哲学》(1865),《ペルシア人史》(1876)などの民族研究,紀行文はその成果である。さらに彼は,人種の本質的不平等,アーリヤ人種の優越性を骨子とする人種哲学〈ゴビニスム〉を主張,《人種不平等論》(1853‐55)でそれを理論化し,ナチズム民族主義の先駆者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゴビノー【Joseph-Arthur de Gobineau】

1816~1882) フランスの外交官・著述家。古代アーリア人の優越を唱える「人種不平等論」はナチズムなどに利用された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴビノー
ごびのー
Joseph-Arthur de Gobineau
(1816―1882)

フランスの外交官、著作家。小説の寄稿家として青年時代の十数年を過ごしたのち外交官に転じ、ベルン皮切りにヨーロッパ各地、南アメリカ、ロシア、トルコなど各地を歴任、この間、年来の宿願であった東方研究に打ち込み、多くの研究書、紀行文を著す。代表的なものに『アジアの三年』(1859)、『中央アジアの宗教と哲学』(1865)、『ペルシア人の歴史』(1869)などがあるが、主著は大作『人種不平等論』(1853~1855)である。古代のアーリア人を最優秀人種とする彼の人種理論は、19世紀末から20世紀初頭にかけて、汎(はん)ゲルマン主義、反ユダヤ主義、ナチズムに援用され、にわかに脚光を浴びるに至った。また小説家としては、初期の代表作に『スカラムーシュ』(1843)、『イルノワ嬢』(1847)、後期の代表作に『プレイアード』(1874)、『ヌーベル・アジアチック』(1876)などがあり、簡潔な文体とロマンチックな素材においてスタンダールに比肩しうるといわれる。[長澤孝廣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のゴビノーの言及

【人種】より

…人類が単一の祖先から生まれたとする単元論と,元来,別々の祖先の子孫が人種であるとする多元論とが相譲らずに議論を戦わせた。人種には能力や道徳の差があるという人種不平等論がゴビノー(1816‐82)らによって唱えられた。それらはのちの白人優秀説を主張する人種主義の土台をつくったものであるが,19世紀の間,戦争する白人国同士の間で相手の国民が劣等人種であると軽蔑しあうようなこともあった。…

※「ゴビノー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゴビノーの関連キーワード外交官フレンチ王党シランクスフランクフルトへの乗客シャルル[10世]中村博愛オルレアン王党派ジロードゥー正統王党派

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone