コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイクロセリン cycloserine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイクロセリン
cycloserine

C3H6N2O2 。放線菌の Streptomyces garyphalusまたは S. orchidaceusによって生成される抗生物質。オキサマイシン,セロマイシンなどの別名がある。抗菌作用は強くないが,ストレプトマイシンイソニアジドと併用して,抗結核剤として用いられる。副作用として,アレルギー症状,催眠,精神錯乱,けいれんなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サイクロセリン

抗生物質。数種の放線菌産生アミノ酸のD-アラニン拮抗(きっこう)して細菌の細胞壁合成を阻害する作用があり,おもに耐性結核菌感染症の治療に用いる。副作用として各種の精神障害,神経系障害を起こすことがあるが,このような障害の現れたときは投与を中止する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

サイクロセリン【cycloserine】

1955年に放線菌の一種から分離されたアミノ酸誘導体の抗生物質。グラム陽性・陰性菌に有効で、特に経口投与によって肺結核の治療に用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のサイクロセリンの言及

【抗生物質】より

…アミノ配糖体抗生物質は,経口投与により吸収されないので注射で用いるが,強弱の差こそあれ聴力障害などの副作用を伴う。なお,抗結核薬としては,耐性菌の出現を抑え副作用を軽減する目的から,多剤併用を行うが,パス,ヒドラジドなどの合成剤に併せて,抗生物質としてアミノ配糖体のほかにサイクロセリン(オキザマイシン),リファンピシンなどが用いられ,耐性結核菌の問題もあまり深刻でなくなった。(3)クロラムフェニコール P.エールリヒにより1947年に発見された広範囲スペクトル抗生物質で,クロラムフェニコールの出現により,それまで治療困難だった腸チフスをはじめとする各種疾患の治療が可能となり,広く使われるようになった。…

【肺結核】より

…ピラジナミドpyrazinamide(PZAと略記)は欧米では高く評価され,短期化学療法の当初2ヵ月くらい用いられているが,副作用が強く日本では多くは使われていない。 副作用のおもなものは,マイシン系薬剤による聴力障害,硫酸ストレプトマイシンによる平衡障害,TH・PZA・RFPの肝臓障害,EBの視力障害,サイクロセリンcycloserine(CSと略記)・THの精神障害,INH・EBの末梢神経炎,TH・パスによる胃腸障害,各種薬剤に対するアレルギー反応などである。これらの副作用については,定期的検査と患者からの申出によって早期に発見し,服薬を中止して他剤に変更したり,減感作療法を行うなどの対策を講じなければならない。…

※「サイクロセリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サイクロセリンの関連キーワード非定型抗酸菌症経口投与抗結核薬肺結核耐性菌

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android