コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイチョウ サイチョウ Buceros rhinoceros; rhinoceros hornbill

3件 の用語解説(サイチョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイチョウ
サイチョウ
Buceros rhinoceros; rhinoceros hornbill

サイチョウ目サイチョウ科。全長 91~127cmの大型の鳥。全体に黒色であるが,腹は白く,尾羽も白いが太い黒帯がある。黄白色や黄色,黄赤色などの大きなをもち,その上に黄赤色かほぼ黄色の大きくて奇妙な角質の兜状の突起がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サイチョウ

サイチョウ科の鳥の総称。約45種。大きさはカラス大かそれより大きいものが多い。くちばしは巨大で,多くの種類では角状の付属物があるが,内部は海綿状で軽い。アフリカ南アジアの森林にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイチョウ
さいちょう / 犀鳥
hornbill

広義には鳥綱ブッポウソウ目サイチョウ科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この科Bucerotidaeには12属44種があり、サハラ砂漠以南のアフリカ、アジア南部、ニューギニア島などに分布している。全長約40~150センチメートル。嘴(くちばし)は大きく、上嘴の基部に大きな突起があり、これが哺乳(ほにゅう)類のサイの角(つの)を連想させるのが名の由来であるが、この突起の構造は海綿状で軽い。ジサイチョウ類を除いた多くのものは、熱帯林の高い樹上で生活し、大きな羽音をたてて強い羽ばたきで高く飛ぶ。ジサイチョウ類は主として地上生活をする。サイチョウ科の鳥は雑食性で、果実、昆虫、ネズミ、トカゲなどを食べる。雌は樹洞をみつけて、白い数個の卵を産み、抱卵を始めると嘴を突き出せる小孔を残して土や木くずを唾液(だえき)で固めて穴の入口をふさぎ、1か月ぐらいの抱卵期間を含めて、雛(ひな)がなかば成長するまで2~4か月にわたり中に閉じこもる。餌(えさ)は雄が運ぶ。この間に雌は安全に換羽を済ませると、樹洞を破って外に出るが、その後ふたたび樹洞をふさぎ、外から雌雄で雛を育てる。ジサイチョウ類には穴をふさぐ習性はない。
 種としてのサイチョウBuceros rhinocerosはマレー半島、スマトラ島、ジャワ島、ボルネオ島の森林にすみ、全長が1.1メートルある大形種で、体は黒く腹部が白い。尾も白いが、中央に太い黒帯がある。嘴は大きくて、黄白色と赤色をしており、上嘴の基部に上にとがった大きな突起がある。果実を主食とするが、トカゲ、ネズミ、小鳥やその卵などもとる。
 サイチョウ科にはこのほかに、南アジアにすむアカハシサイチョウや最大種オオサイチョウ、フィリピンにすむアカエリサイチョウ、アフリカのナキサイチョウ類、アフリカとインドにいるコサイチョウ類、前述のように地上生活をするジサイチョウ類などがある。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サイチョウの関連キーワード錦静鳥再調最長犀鳥再調査幸町神明町弥生町蔡徴サイチョウ(犀鳥)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サイチョウの関連情報