コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイチョウ Buceros rhinoceros; rhinoceros hornbill

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイチョウ
Buceros rhinoceros; rhinoceros hornbill

サイチョウ目サイチョウ科。全長 91~127cmの大型の鳥。全体に黒色であるが,腹は白く,尾羽も白いが太い黒帯がある。黄白色や黄色,黄赤色などの大きなをもち,その上に黄赤色かほぼ黄色の大きくて奇妙な角質の兜状の突起がある。その形がサイに似ていることが名前の由来である。マレー半島南部,スマトラ島ボルネオ島ジャワ島などに分布する。森林の樹上で暮らし,高木の樹洞に営巣する。果実,昆虫類,ネズミ,トカゲなどを食べる。繁殖期になると,雌は巣内に閉じこもったまま巣の入口のほとんどを泥や糞でふさいで抱卵,育雛をし,その間雄が雌に餌を運ぶという変わった習性をもつ。が少し大きくなると,雌も巣から出てきて食べ物を運ぶ。巣の入口は雛がまた糞でふさいで狭くする。なお,サイチョウ科 Bucerotidaeは,全長 30~127cmで,旧世界の熱帯亜熱帯に約 60種が分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

サイチョウ

サイチョウ科の鳥の総称。約45種。大きさはカラス大かそれより大きいものが多い。くちばしは巨大で,多くの種類では角状の付属物があるが,内部は海綿状で軽い。アフリカ南アジアの森林にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイチョウ
さいちょう / 犀鳥
hornbill

広義には鳥綱ブッポウソウ目サイチョウ科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この科Bucerotidaeには12属44種があり、サハラ砂漠以南のアフリカ、アジア南部、ニューギニア島などに分布している。全長約40~150センチメートル。嘴(くちばし)は大きく、上嘴の基部に大きな突起があり、これが哺乳(ほにゅう)類のサイの角(つの)を連想させるのが名の由来であるが、この突起の構造は海綿状で軽い。ジサイチョウ類を除いた多くのものは、熱帯林の高い樹上で生活し、大きな羽音をたてて強い羽ばたきで高く飛ぶ。ジサイチョウ類は主として地上生活をする。サイチョウ科の鳥は雑食性で、果実、昆虫、ネズミ、トカゲなどを食べる。雌は樹洞をみつけて、白い数個の卵を産み、抱卵を始めると嘴を突き出せる小孔を残して土や木くずを唾液(だえき)で固めて穴の入口をふさぎ、1か月ぐらいの抱卵期間を含めて、雛(ひな)がなかば成長するまで2~4か月にわたり中に閉じこもる。餌(えさ)は雄が運ぶ。この間に雌は安全に換羽を済ませると、樹洞を破って外に出るが、その後ふたたび樹洞をふさぎ、外から雌雄で雛を育てる。ジサイチョウ類には穴をふさぐ習性はない。
 種としてのサイチョウBuceros rhinocerosはマレー半島、スマトラ島、ジャワ島、ボルネオ島の森林にすみ、全長が1.1メートルある大形種で、体は黒く腹部が白い。尾も白いが、中央に太い黒帯がある。嘴は大きくて、黄白色と赤色をしており、上嘴の基部に上にとがった大きな突起がある。果実を主食とするが、トカゲ、ネズミ、小鳥やその卵などもとる。
 サイチョウ科にはこのほかに、南アジアにすむアカハシサイチョウや最大種オオサイチョウ、フィリピンにすむアカエリサイチョウ、アフリカのナキサイチョウ類、アフリカとインドにいるコサイチョウ類、前述のように地上生活をするジサイチョウ類などがある。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サイチョウの関連キーワードウルトゥンブロン国立公園マニャーラ湖国立公園マナス野生生物保護区マヨン火山国立公園サバンナ(植生帯)サイチョウ(犀鳥)ボーコー国立公園オオハシ(大嘴)カオヤイ国立公園バルラン国立公園インドネシアサルクイワシキナバル公園ヤツガシラ旧熱帯区カマハシ犀鳥鳥類

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android