コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サウス・オーストラリア さうすおーすとらりあSouth Australia

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サウス・オーストラリア
さうすおーすとらりあ
South Australia

オーストラリア中南部の州。面積98万4000平方キロメートル、人口146万7261(2001)。州都はアデレード。州の大部分は乾燥地域で、年降水量200ミリメートル未満の土地が約4分の3を占める。年降水量500ミリメートル以上の土地はわずか2%余りで、耕地(3%弱)、森林(0.1%)とも南東部に限られる。人口の大部分が南東部の海岸地帯(沿岸から100キロメートル以内)に集中している。
 農牧業の中心は穀物と羊毛であるが、とくにフリンダーズ山脈東側のバロッサ地方を中心にブドウ栽培が盛んで、ぶどう酒生産は全国の6割余り、ブランデーは9割余りを占める。鉱産物の代表は天然ガスで、全国生産量の3分の1余りを占め、同州北東部のガス田(ムーンバなど)からポート・ピリーおよびシドニーへパイプラインで送られる。このほかオパール(産地クーバー・ピディー)、ドロマイト、石膏(せっこう)、鉄鉱石などがある。工業はアデレードの自動車や機械、ワイヤラの鉄鋼、造船、ポート・ピリーの鉛精錬などがあるが、雇用および生産額の約8割が州都に集中する。主要輸出品は羊毛、穀物、非鉄金属、鉄鋼などで、最大の貿易先は輸出入とも日本である。
 同州は流刑植民地としての歴史をもたない唯一の州で、1836年サウス・オーストラリア植民会社によりカンガルー島およびアデレードに入植、56年自治植民地となり、1901年他州とともに連邦を結成した。[谷内 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サウス・オーストラリアの関連キーワードオーストラリアの哺乳類化石地域ウエストエンドエクストラライトグレート・ビクトリア砂漠アリス・スプリングズR.J.L. ホークポート・リンカーンマウント・ガンビアクーバー・ピディーポート・オーガスタクーパーズクリークポート・アデレードエアーズ・ロックフリンダーズ山脈クーバー・ペディマスグレーブ山脈カンガルー[島]ビクターハーバーマウントガンビア南オーストラリアマクドネル山脈

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android