コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サウス・ベンド サウスベンド

2件 の用語解説(サウス・ベンドの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

サウス・ベンド

米国,インディアナ州北部の工業都市シカゴの東方約120kmにあり,ミシガン湖南岸工業地帯に属する。自動車農業機械航空機食品加工などの工業が盛ん。古くからインディアン集落があり,1820年白人が植民。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サウス・ベンド
さうすべんど
South Bend

アメリカ合衆国、インディアナ州北部の都市。人口10万7789(2000)。自動車部品、非電気系機械、農業機械、ゴム、プラスチックなどの工業がある。先住民の住んでいた土地にフランスの布教所が開かれたのち、1820年ころアメリカ毛皮会社の交易地として町が発達した。一時は荷馬車の生産地として名をはせた。同市に所在するノートルダム大学(1842創立)、セント・メリー女子大学(1844創立)の2校は、ローマカトリック系大学として重要である。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サウス・ベンドの関連キーワードインディアナポリスインディアンディアナバーミンガムバーミングハムリーズインディアインディアナインディアナポリス500マイルレース

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サウス・ベンドの関連情報