コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サカテカス サカテカス Zacatecas

5件 の用語解説(サカテカスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サカテカス
サカテカス
Zacatecas

メキシコ中部,サカテカス州の州都。メキシコシティーの北西約 500km,西マドレ山脈南部北東麓,標高約 2250mの深く狭い谷にある。この地域で銀鉱が発見されてから2年後の 1548年に,その採掘中心地として建設され,1585年市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サカテカス(Zacatecas)

メキシコ中部、サカテカス州の州都。16世紀半ば、スペイン人により銀山が発見されて以降、鉱山都市として発展。バロック様式の聖堂や教会があり、1993年に「サカテカス歴史地区」の名で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サカテカス

メキシコ中央部,同名州の州都。標高2613mに位置する鉱山都市。,鉛,スズ,銅を産出。1548年に建設され,18世紀の初めにはメキシコの銀の20%を産出し,北部地区のキリスト教化の基地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サカテカス【Zacatecas】

メキシコ中央部,同名州の州都。人口10万(1990)。サカテカス山脈の谷間,標高2612mに位置する鉱山都市で,銀,鉛,スズ,銅をおもに産出。1548年に建設され,銀山開発とともに発展し,85年には市になった。19世紀まで全世界の銀の1/5を産出した。大聖堂(1612‐1752),サント・ドミンゴ教会など歴史的建造物が往時の繁栄ぶりを示している。同州は,乾燥地域であるが,代表的な牧畜地帯で,同市では冶金のほか農産加工業も行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サカテカス
さかてかす
Zacatecas

メキシコ中部、サカテカス州の州都。メキシコ市の北611キロメートル、標高2422メートルの高原に位置する。人口11万3947(2000)。周辺は典型的な乾燥地域で、とくに北部はエル・サラードとよばれる内陸砂漠地域である。国道45号、41号両線の交点に位置する交通の要地で、1546年スペイン人トロサによる銀山の発見以来、銀、金、錫(すず)を産出する鉱山町として発展した。町は卓状丘の山麓(さんろく)に位置し、バロック様式の聖堂や教会がある歴史地区は1993年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[高木秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサカテカスの言及

【商業革命】より

…ポルトガルが喜望峰経由の新航路によってアジアに進出した結果,地中海経由の東方貿易で繁栄していたイタリア諸都市は打撃をうけ,17世紀になってより強力なオランダやイギリスがアジア貿易を展開すると,完全に没落した。他方,新世界では,とくに1540年代以後ポトシ銀山を中心とするペルーとサカテカス銀山を中心とするメキシコで大量の銀が産出され,その大部分がスペインに流入した。こうして,ポルトガル,ついでスペインが世界強国として勃興する。…

【ラテン・アメリカ】より

…地域により時期的にある程度のずれがあるとはいえ,おおよそ第1期は征服直後から16世紀中ごろまでの時代で,先住民社会に蓄積されていた財宝の略奪と,先住民の奴隷化およびその労働力を基礎とする砂金開発を特徴としている。第2期はアンデス高地のポトシ銀山の発見(1545)とメキシコ北部のサカテカス銀山の発見(1546)を契機とする銀開発の隆盛期である。砂金開発とならんで銀開発も征服時代の初期から始まっていたが,二大鉱山の発見に加えアマルガム法の導入(1556)によって低品位鉱石の精製も可能となり,またポトシ近くのワンカベリカで銀の精製に不可欠な水銀の鉱脈が発見された結果,16世紀末には新大陸の銀生産は急激に増大し,世界全体の9割に達した。…

※「サカテカス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サカテカスの関連キーワードアグアスカリエンテスグアナフアトケレタロドゥランゴトラスカラトルカプエブラニューメキシコサン・ルイス・ポトシメキシコ中央高原

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サカテカスの関連情報