コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サカハチチョウ サカハチチョウ Araschnia burejana

3件 の用語解説(サカハチチョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サカハチチョウ
サカハチチョウ
Araschnia burejana

鱗翅目タテハチョウ科。前翅長 20~25mm。翅の外縁に弱い凹凸がある。翅表の色彩,斑紋は春型と夏型ではまったく異なり,春型では黒地に細い黄白色帯があり,外縁に沿って橙赤色斑があるが,夏型では黒地に白色の幅広い中央帯があり,外縁近くにきわめて細い赤色帯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サカハチチョウ

鱗翅(りんし)目タテハチョウ科の1種。開張50mm内外,季節により著しく斑紋の異なった2型があるので有名。春型は黒褐色の地に黄赤斑があるが,夏型は黒地に淡黄色の斜帯とだいだい色の細い帯がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サカハチチョウ
さかはちちょう / 逆八蝶
[学]Araschnia burejana

昆虫綱鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に属するチョウ。北海道より九州にわたって分布するが、対馬(つしま)、種子島(たねがしま)、屋久島(やくしま)およびそれ以南の南西諸島には産しない。南西日本では山地渓畔に多い。外国では朝鮮半島、中国東北部、アムール川流域などに分布し、東アジア北部の特産種。はねの開張40ミリメートル内外。はねの表面は春型では橙(だいだい)色と黒褐色の斑(まだら)模様、夏型では黒褐色の地色に前翅(ばね)・後ろ翅の中央を走る白帯があり、出現の季節によって著しくはねの模様が違う。日本産のチョウのなかではアカマダラとともに季節的変異がもっとも顕著。寒冷地では年1回または2回、暖地では年3回の発生。幼虫の食草はイラクサ科植物のイラクサ、ホソバイラクサ、コアカソなどである。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サカハチチョウの関連キーワードタテハチョウヒメアカタテハ赤蛺蝶木の葉蝶胡麻斑蝶逆八蝶小緋威蛺蝶キベリタテハサカハチチョウ(逆八蝶)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サカハチチョウの関連情報