コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サッサリ サッサリSassari

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サッサリ
Sassari

イタリア西部,サルジニア島北西部の都市。サルジニア州サッサリ県の県都。 12世紀頃イスラム教徒の襲撃を逃れた沿岸住民によって人口が増加。 1284年ジェノバ領,1323年アラゴン領,1718年サボイア領となった。周辺のマヌ川下流平野では,穀物,オリーブ,果樹が栽培され,コルク,畜産物とともに集散,加工が行われる。旧市街にはバロック様式,ロマネスク様式の聖堂,1562年創立の大学などがある。サンナ国立博物館には,先史時代やフェニキア,ローマ時代の遺物を所蔵。第2次世界大戦では激しい空爆を受けた。人口 13万658(2011推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サッサリ(Sassari)

イタリア半島の西方、サルデーニャ島サルデーニャ自治州の都市。同島北西部に位置し、人口はカリアリに次いで多い。13世紀より商業の中心地として栄えた。城壁に囲まれた旧市街にはサッサリ大聖堂サンタマリア‐ディ‐ベトレム教会をはじめとする歴史的建造物や、16世紀創設のサッサリ大学がある。人口、行政区13万(2008)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

サッサリ【Sassari】

イタリア,サルデーニャ島第2の都市。同名県の県都。人口12万2010(1994)。農業,商業の中心地。中世に起源をもちタタリTathariと呼ばれていた。13世紀にはピサ商人の進出により商業の中心地となる。ピサ,のちにジェノバの支援のもとにコムーネ(自治都市)となり,1294年〈都市規約〉が発布された。14世紀前半アラゴン王家の支配下に入り,しばしば反乱が起きた。1720年サボイア家の領土となりサルデーニャ王国に統合。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サッサリ
さっさり
Sassari

イタリア、サルデーニャ島北西部サッサリ県の県都。人口11万2959(2001国勢調査速報値)。同島第二の都市で、外港としてポルト・トッレスPorto Torresをもつ。タタリTathariとよばれた中世の小村落として発足、13世紀ごろにはこの地方の商業中心地となった。現在の主要産業は、商業、食品工業、建設業、観光業。バロック様式の正面(ファサード)をもった大聖堂(11~13世紀)がある。16世紀創設の大学もある。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サッサリの関連キーワードサンタマリアディベトレム教会アルベルト ガザーレパオロ プッディーヌコスタズメラルダデル=ベッキオベルリングエルマッダレナ島アルゲーロバレーゼアルゲロシローニオルビア

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サッサリの関連情報