コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サトウダイコン(砂糖大根) サトウダイコンBeta vulgaris var. rapa; sugar beet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サトウダイコン(砂糖大根)
サトウダイコン
Beta vulgaris var. rapa; sugar beet

アカザ科の越年生作物で,ヨーロッパの原産。サトウヂシャ,テンサイ,ビートともいう。植物学上はフダンソウ (不断草) の変種とされる。主根がまっすぐに紡錘形に肥大して,外皮の色も白,紅,黄などがある。地上部はフダンソウに似て質の厚い有柄の葉を根生し,茎は高さ 1mにもなる。日本では主として北海道で栽培される。根を収穫し,そのしぼり汁から良質の甜菜糖をとる。砂糖の原料植物としてはサトウキビに次いで重要で,特に北半球冷温帯での主要な糖の供給源である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サトウダイコン(砂糖大根)の関連キーワードフダンソウ(不断草)アカザ科

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android