コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サライ サライSarai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サライ
Sarai

キプチャク・ハン国の首都。中国史料には薩莢と音写される。旧サライ (サライ・バトゥ) と新サライ (サライ・ベルケ) とがあり,前者はキプチャク・ハン国の創建者バトゥ (抜都) が,後者はその弟ベルケが建設したもので,両者ともボルガ川下流にある。 19世紀なかば以来数回の発掘が行われ,現在も続けられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サライ(〈ペルシア〉sarai)

宿。旅の宿。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

サライ

株式会社小学館が発行する男性シニア誌。旅、食、人物、文化、服飾品に関する情報を紹介。毎月10日発売。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サライ【Sarāi】

13~14世紀のキプチャク・ハーン国の首都で,新・旧二つの同名の都市があった。中国史料では薩萊で知られる。旧サライはボルガ川の支流アフトゥバ河岸に位置し,バトゥ(在位1227‐55)の建設にかかり(バトゥ・サライ),彼はここを首都と定めた。新サライはこのやや上流にベルケ(在位1255‐66)によって建設され(ベルケ・サライ),ウズベク(在位1312‐42)の初期に新しい都となった。両都市とも政治都市であると同時に東ヨーロッパ西アジア中央アジアを結ぶ交易網のうちの要地にあたり,商業都市として栄え,13世紀の旅行家イブン・バットゥータはそのようすを伝えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サライ
さらい
Sarai

13、14世紀のキプチャク・ハン国の首都。サライは宮殿の意。新旧の二つがある。旧サライはキプチャク・ハン国の創始者バトゥが建てたもので、その遺跡はボルガ川下流域のアストラハン市に近いセリトレンノエ村にある。しかし、有名なのはバトゥの弟ベルケが建てた新サライであって、その遺跡はボルガ川河畔で、旧サライよりも上流の一支流アフトバ川河畔のボルゴグラード市の傍らに位置する。新サライが首都となったのは第9代のウズベク・ハンのときである。サライ市は1395年にティームールの軍隊に破壊され、15、16世紀にモスクワ大公国の侵入によって廃墟(はいきょ)と化した。新サライは1843~47年に初めて発掘され、その後の発掘によって、キプチャク・ハン国時代の宮殿、モスク、手工業工場、水道装置遺跡のほか、銅鉄製品、陶磁片、ガラス器、農産物、皮革製品が大量に出土し、当時の都市生活、物質文化、商工業の姿をよく伝えている。[佐口 透]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のサライの言及

【イスラム美術】より

…(3)修道場(リバートribāṭ,テッケtekke,ハーンカーkhānqā,ザーウィヤzāwiya) 呼称はさまざまであるが,いずれもスーフィー(神秘主義者)が称名などの修行を行う修道場のことで,リバートは,元来は国境地帯につくられた砦をさした。建築的には,マドラサや下記のキャラバンサライと同様な構成をとる。(4)墓廟(クッバqubba,グンバドgunbad,テュルベtürbe,マシュハドmashhad) 方形の墓室にドームや円錐形の屋根を架けたタイプと,円筒形ないし多角形プランの高塔の形式をとるタイプに大別される。…

【キプチャク・ハーン国】より

…ロシア史ではこれを〈タタールのくびき〉と呼ぶ。国家の創設者バトゥ(在位1227‐55)はジュチの第2子で,1236‐41年に,キプチャク草原,ロシア,東欧を席巻し,ボルガ下流のサライを中心として国家の基礎を築いた。その際,長兄オルダOrdaらがジュチの本領(イルティシュ流域)を継いで国家の左翼となり,ハーン位を継承したバトゥは,弟のベルケBerkeやシバンShibanらとともに,右翼に所領を占めた。…

【宮廷】より

…とりわけ15世紀後半,メフメト2世によるコンスタンティノープル征服の後,新都イスタンブールに,従来の首都ブルサとエディルネにおける宮殿に加えて,〈旧宮殿〉,〈新宮殿〉(別名トプカプ宮殿)が新たに造営され,制度的にも著しい発展を遂げた。オスマン朝では,宮廷はペルシア語からの借用語で〈サライ〉と呼ばれ,君主の公務の場としての外廷と,君主の私的生活の場としての内廷と,宮廷の女性の生活の場としてのハレム(後宮)とに分かれていた。このうち内廷には,多数の小姓(イチ・オウラーン)が勤務し,小姓は,少なくとも16世紀末ごろまでは,大多数が戦争捕虜および帝国領内のキリスト教徒臣民の子弟からデウシルメにより徴収された少年からなり,奴隷身分に属するグラームであった。…

【バトゥ】より

…1236年から始まったモンゴル軍の西征では,総大将としてロシア・東欧に侵入し,1241年のリーグニツの戦では,ヨーロッパ連合軍を粉砕した。ハンガリー攻略中に,オゴタイ・ハーンの死を知り(1242),兵を返したが,自分はボルガ下流域に建設したサライを中心に,キプチャク・ハーン国を建てた(1243)。オゴタイ・ハーンを継いだグユクの死後,モンケがハーン位に就く(1251)のを助けた。…

※「サライ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サライの関連情報