コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルオガセ サルオガセ Usnea longissima; hanging moss

4件 の用語解説(サルオガセの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルオガセ
サルオガセ
Usnea longissima; hanging moss

樹木に着生する樹状地衣類の1種。体は糸状,主軸のまわりに枝分れが著しく長く垂れ下がる。全体は黄みがかった色で柔軟である。子嚢を生じる子器の形成はきわめてまれである。なお日本にはヨコワサルオガセ U. diffracta,フクレサルオガセ U. japonicaなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サルオガセ

日本産地衣類の代表的なもので,日本には約40種。最も普通に産するものはヨコワサルオガセで,山地の樹木の幹や枝にぶら下がる。形は径1〜1.5mmの細い糸状で,枝分れして次第に細くなり,全体として樹枝状を呈する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サルオガセ【beard lichen】

亜高山の針葉樹林の枝から垂れ下がる樹枝状地衣(イラスト)。レース状の大群落をなすことが多い。地衣体は糸状で根もとで二叉(にさ)に分かれるが,その後はほとんど分枝せず,長さ50~100cm,時には3mを超える。一名ナガサルオガセともいう。主軸は直径1~2mm,皮層を欠き,灰緑色で主軸に直角に長さ1~2cmの小枝をたくさんつける。子器はまれに小枝上に生じ,皿形で直径2~4mm,胞子は無色1室。北海道から四国にかけての針葉樹林帯やブナ帯に生育し,北半球一帯に広く分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サルオガセ
さるおがせ

地衣類サルオガセ科サルオガセ属の総称。日本には約40種が知られている。地衣体は糸状(細い円柱状)で、大木の幹や枝から垂れ下がるものが多い。横断面では中央部に柔らかい中軸があり、この周りに髄層、皮層がある。地衣体は二叉(にさ)状に枝分れをし、長いものでは40~50センチメートルになり、ときには細くて短い枝を多数出すこともある。子器は枝の先端につき、円盤状をしている。
 ナガサルオガセUsnea longissimaは日本の針葉樹林帯に普通にみられる代表的な種類で、コメツガ、シラベ、カラマツなどの大木の枝から数多く垂れ下がり、独特な景観をつくる。地衣体の表面は多少ざらざらしているが、皮層の切れ目はなく、細長い側枝が多数出る。ナガサルオガセとよく似たものにヨコワサルオガセU. diffractaがあり、ナガサルオガセとほぼ同じような場所に生える。ヨコワサルオガセの地衣体の皮層部には横に環状となる割れ目が入っている。一般にサルオガセという場合はこのヨコワサルオガセをさすことが多い。フジサルオガセU. montis-fujiは富士山を中心とする中部日本に多く、ナガサルオガセに似ているが、地衣体の表面はよりざらざらしており、サラチン酸、ウスニン酸を地衣成分としてもっている。サルオガセの仲間は漢方薬に利用され、「松蘿(しょうら)」とよばれる。咳(せき)止め、結核に効くとされるほか、利尿剤、強心剤としても有効であるという。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サルオガセの関連キーワード針葉樹針葉樹林亜高山帯蟹蝙蝠垂れ壁垂れ下がる・垂れ下る蓑毛竹縞蘭垂れ下る星鴉

サルオガセの関連情報