サワリ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サワリ

日本音楽の用語。 (1) 楽器材質名称 笙などのリードやきんなどに用いる銅の合金。「響銅」と書く。 (2) 楽器名称 仏教音楽に用いる響銅製のきんの別称。 (3) 楽器部分名称 弦楽器,特に三味線の棹の上部に,弦が棹にさわって倍音的な響きを伴う音色の出るようにした部分をいう。上に第1弦を載せないようにして棹に直接触れさせ,乳袋の上を薄く削ってサワリの山と谷とをつくり,弦を弾いたときには弦をその山にさわらせるようにしてある。その音色をサワリのついた音という。 (4) 義太夫節浄瑠璃の部分名称 本来,義太夫節以外の種目のうたい方や旋律を取入れた部分を,他流のフシにサワルという意味でサワリというが,通俗的にはクドキなどの部分,およびクドキに限らず曲中の聞きどころともいうべき部分をさすようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android