コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サワリ サワリ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サワリ

日本音楽の用語。 (1) 楽器材質名称 笙などのリードやきんなどに用いる銅の合金。「響銅」と書く。 (2) 楽器名称 仏教音楽に用いる響銅製のきんの別称。 (3) 楽器部分名称 弦楽器,特に三味線の棹の上部に,弦が棹にさわって倍音的な響きを伴う音色の出るようにした部分をいう。上に第1弦を載せないようにして棹に直接触れさせ,乳袋の上を薄く削ってサワリの山と谷とをつくり,弦を弾いたときには弦をその山にさわらせるようにしてある。その音色をサワリのついた音という。 (4) 義太夫節浄瑠璃の部分名称 本来,義太夫節以外の種目のうたい方や旋律を取入れた部分を,他流のフシにサワルという意味でサワリというが,通俗的にはクドキなどの部分,およびクドキに限らず曲中の聞きどころともいうべき部分をさすようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サワリの関連キーワードスイス・ロマンド管弦楽団リゾートソリューションビート(音響学用語)ミサワリゾートピアノ(楽器)パトゥーサイソンバトヘイ三澤千代治淵脇了公チャケー娘義太夫さわりくどきシナイ語物触り三線

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サワリの関連情報