コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンカヨウ

百科事典マイペディアの解説

サンカヨウ

本州中部〜北海道の深山の林中にはえるメギ科の多年草。全草に少し軟毛があり,茎はやや太く,高さ30〜60cm,上方に幅15〜30cmの大型の葉を1枚,その上に形の似た小型葉を1枚つける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サンカヨウ【Diphylleia grayi Fr.Schmidt】

深山の渓流ぞいや木陰に生育し,大きな葉と白色の美しい花が印象的なメギ科の多年草(イラスト)。地下茎がよく発達し,地上茎も太い。高さ30~60cm,基部に数枚の鱗片葉がある。葉は通常2枚,下の葉には長い葉柄があるが,上の葉には葉柄がない。葉は広腎形で,星形に欠刻し,先端中央部は大きく二つに切れこむ。上の葉からつきでるようにして,集散花序が出る。花期は5~6月,花は純白色,萼片は6~9枚で早落性,6枚の花弁,6本のおしべ,1本のめしべからなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンカヨウ
さんかよう / 山荷葉
[学]Diphylleia grayi Fr. Schm.

メギ科の多年草。草丈30~60センチメートル。葉は単葉で盾状、茎に2枚つく。下の葉の葉柄は長いが、上の葉の葉柄は極端に短い。5~6月、上の葉のすぐ上に、3~10個の花を集散花序につける。花は白色で、花弁、萼片(がくへん)とも6枚、雄しべは6本で葯(やく)は弁状に開き、雌しべは1本で子房は1室。果実は液果で黒い藍(あい)色を呈し、中に数個の種子がある。落葉樹林の水分の多い林床に生え、広島県以北の本州のおもに日本海側、北海道、および樺太(からふと)(サハリン)に分布する。中国には同属の別の1種が、北アメリカ東部にはさらに別の1種が分布する。[寺林 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンカヨウの関連情報