コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンガイ国立公園 サンガイこくりつこうえん Sangay National Park

3件 の用語解説(サンガイ国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンガイ国立公園
サンガイこくりつこうえん
Sangay National Park

エクアドル中央部,標高 5000mをこえるアンデスオリエンタル山脈から標高 800m前後のアマゾン川流域のジャングルにいたる国立公園。面積 5177km2。 1975年指定。サンガイ山 (5410m) やアルタル山 (5404m) など火山を含む変化に富んだ地形と気候が多様な生態系をはぐくんできた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サンガイ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【サンガイ国立公園】

Parque Nacional Sangay》エクアドル中央部にある国立公園。1975年制定。アンデス山脈のサンガイ山・トゥングラワ山・アルタール山など標高5000メートルを超える山々が連なる。山頂付近には氷河がみられ、山腹から山麓にかけては森林や熱帯雨林が広がる。ハチドリコンドルなどの鳥類や、ジャガー・ヤマバク・メガネグマなどの哺乳類が多数生息。1983年に約半分の地域が世界遺産自然遺産)に登録。1992年、密猟・過放牧・横断道路建設による環境悪化のため危機遺産に登録されたが、2005年に解除。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

サンガイこくりつこうえん【サンガイ国立公園】

1983年に登録されたエクアドル世界遺産自然遺産)で、モロノ・サンティアゴ州、チンボラソ州、トゥングラウア州にまたがる広大な国立公園。面積は5177.65km2(世界遺産登録地域は2719.25km2)。サンガイ山(5420m)、アルター山(5139m)、ツングラグア山(5016m)の3つの活火山があり、高山地帯から亜熱帯性雨林の密林地帯に及ぶ地域は、動物相・植物相の変化に富み、ハチドリイワドリコンドルなどの鳥類、ヤマバク、メガネグマなど動物類のほか、アマゾン川のピラニアなどが生息する豊かな生態系を育んでいる。このような貴重な自然生態系が評価されて、世界遺産に登録された。◇英名はSangay National Park

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンガイ国立公園の関連キーワードエクアドルガラパゴス諸島スルツエイティヤ世界遺産登録危機遺産リストアルタのロック-アートキト市街サンタ-アナ-デ-ロス-リオス-クエンカの歴史地区ホヤ-デ-セレンの古代遺跡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone