サンサルバドル(英語表記)San Salvador

翻訳|San Salvador

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンサルバドル
San Salvador

エルサルバドルの首都。また同名県の県都。同国中西部,サンサルバドル火山南東麓,標高約 680mの山間盆地にある。 1525年現在地の北東約 30kmの地にスペイン人が建設,1528年現在地に移転。快適な気候と肥沃な土壌に恵まれ,スペイン植民地時代にはクスカトラン地方の首都,1834年からは中央アメリカ連邦の首都として繁栄。同連邦の崩壊に伴って 1839年エルサルバドルの首都となった。金融,商工業の中心地で,主要工業は織物,縫製,皮革,木材加工,酒類,たばこ,食肉など。市街はたび重なる地震で破壊されたため,植民地時代の面影を残さない近代的都市に変貌。市内にはエルサルバドル大学 (1841) ,国立博物館,科学工業博物館,劇場,図書館などがあり,エルサルバドルの文化中心地となっている。また交通の要地で,パンアメリカン・ハイウェー,幹線鉄道が通るほか,市から国内各地に放射状に道路が延び,東郊のイロパンゴ湖の近くに国際空港がある。近年近郊の都市化が急速に進み,メヒカノス,デルガド,サンマルコスなどの衛星都市ができている。 1980年代の内戦によって難民が流入,人口が急激に増加した。人口 31万6090(2007)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サン‐サルバドル(San Salvador)

中央アメリカ、エルサルバドルの首都。サンサルバドル県の県都。同国中西部に位置する。中米統合機構(旧中米機構)の事務局がある。たびたび地震や火山噴火による被害を受け、1854年から1859年にかけて一時サンタテクラに遷都した。コーヒー・サトウキビなどの集散地。人口、行政区32万(2007)。

サン‐サルバドル(Sant Salvador)

スペイン北東部、カタルーニャ州の町。地中海岸のコスタドラダに面する海岸保養地。カタルーニャ出身のチェロ奏者カザルスの別荘があり、現在は博物館として一般公開されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

サンサルバドル【San Salvador】

エルサルバドル共和国の首都。コーヒーの集散地。海抜689メートルの高原にある。
西インド諸島、バハマ諸島中の小島。バハマ国領。1492年コロンブスがヨーロッパ人として初めて上陸、新大陸到達の端緒となった。別称、ワットリング。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

サン‐サルバドル

(San Salvador) 中央アメリカ、エルサルバドル共和国の首都。一五二五年スペイン人が建設。標高約七〇〇メートルの山間盆地にある。コーヒー、サトウキビなどの集散地。タバコ製造、紡織工業などが盛ん。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンサルバドルの関連情報