サンステファノ条約(読み)サンステファノじょうやく(英語表記)Treaty of San Stefano

  • サンステファノじょうやく ‥デウヤク
  • サンステファノじょうやく〔デウヤク〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1878年3月3日,イスタンブール西方の小村サンステファノで締結されたロシア,オスマン帝国間の講和条約。 1877年4月バルカン半島のスラブ人反乱に対するオスマン帝国の鎮圧発端として始った露土戦争でオスマン帝国は屈し,以下の内容の条約に調印した。 (1) オスマン帝国内のモンテネグロセルビアルーマニアの独立承認。 (2) ルーマニアは南ベッサラビアをロシアに割譲し,オスマン帝国からドブルジャを獲得。 (3) 自治権をもつ大ブルガリア公国の設置,向う2年間のロシア軍の占領。 (4) 賠償金の支払いなど。バルカン,地中海へのロシアの発展を恐れたイギリスオーストリアなど列国反対で,ベルリン会議で修正された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

1878年、イスタンブール近郊のサンステファノ(現在のイェシルコイ)で結ばれたロシアトルコ戦争の講和条約。ロシアの南進策に有利な規定だったためイギリス・オーストリアが反対し、同年のベルリン会議で修正された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(サンステファノはSan Stefano) 一八七八年にトルコのコンスタンティノポリス(イスタンブール)西郊のサンステファノ(現在のイエシルキョイ)で結ばれた露土戦争の講和条約。ブルガリアの独立、バルカン諸民族の解放などロシアの優位規定したものであったが、イギリス・オーストリアが反対し、ベルリン会議で大幅に修正された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android