コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンダカン Sandakan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンダカン
Sandakan

マレーシア,ボルネオ島北東部,サバ州港湾都市。スル海から入込むサンダカン湾の湾口に位置する。 1884~1947年,イギリス領北ボルネオの主都。ボルネオ島北部の経済の中心地で,主産物の木材を買付けるために貿易商社が集中。港は浅いが,主としてゴムと木材を輸出する。製材,漁業などが行われる。州都コタキナバルと自動車道路で結ばれる。人口7万 420 (1980) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サンダカン(Sandakan)

マレーシア、ボルネオ島北東部、サバ州の港湾都市。スールー海に臨む。英国領北ボルネオの首都が置かれ、日本占領時代に連合軍の攻撃により大きな被害を受けたが、戦後に復興。木材、ゴム、ヤシ油などの積出港として発展した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

サンダカン

ボルネオ島北東岸にある,マレーシア,サバ州の港湾都市。景観がよく,また人口の大部分華人であることから〈小ホンコン〉の異称がある。サゴヤシ,タバコ,木材等を輸出。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サンダカン【Sandakan】

マレーシア,ボルネオ島北東部,サバ州第2の都市。人口12万6000(1991)の3/4は広東系華人で,小ホンコンの異名をもつ。北側に山地を背負う幅の狭い海岸低地に成立した町で,現市街地の大部分は埋立地上にあり,第2次大戦で焼失した町並みをつくりかえたものである。州第1の港町として木材,ココヤシ水産物積出しで栄えてきたが,近年,輸出入額は州都コタ・キナバルに追い抜かれようとしている。しかし,かつては陸上交通が不便で,州内主要都市とは海・空路で結ばれるだけであったが,コタ・キナバルへ至る道路が完成し,内陸へ後背地を拡大する可能性が大きくなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

サンダカン【Sandakan】

マレーシア、カリマンタン島北東部の港湾都市。ゴム・ココヤシ・木材の積み出しが盛ん。第二次大戦前まで多くの日本人が居住。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンダカン
さんだかん
Sandakan

マレーシア東部、サバ州(北ボルネオ)東岸の港市。人口約20万6800(2001推計)。サンダカン湾の北岸に位置し、スル海に臨む。港内の水深は深く天然の良港をなし、旧イギリス領時代はその北ボルネオ植民地の首都でもあった。第二次世界大戦では戦火を被ったが、戦後は完全に復興した。ことに後背地には広大な森林地帯を控えるので、近年は日本向け木材の積出し港として繁栄し、「ミニ香港(ホンコン)」ともよばれている。華僑(かきょう)の居住も多い。25キロメートル離れた郊外のセピロックの森は世界最大のオランウータンの生息地として有名である。山崎朋子(ともこ)原作の『サンダカン八番娼館(しょうかん)』の舞台としても知られている。コタ・キナバルからマレーシア航空が就航している。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サンダカンの関連キーワードラブックベイテングザル保護区タートルアイランズ国立公園サンダカン八番娼館望郷サバ(マレーシア)ベルリン国際映画祭サンダカン記念公園プージシ仏教寺院水の江 滝子からゆきさんランカヤン島田中 絹代セピロック鈴木 光枝中里ひろみ田中絹代井口恭子日本映画死の行進田端宗寿山崎朋子

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンダカンの関連情報