コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンチアゴデクーバ Santiago de Cuba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンチアゴデクーバ
Santiago de Cuba

キューバ南東部の都市。キューバ第2の都市。背後をマエストラ山脈に囲まれ,南はカリブ海の遮蔽された入江に面して位置する。 1514年現在地より数 km離れた地点にスペイン人により建設され,1522年現在地に移転。植民地時代初期にはカリブ海北部の戦略上の拠点にあたり,1589年までキューバの首都であった。 17世紀に建設されたサンペドロデラロカ要塞が残っており,1997年世界遺産の文化遺産に登録された。 19世紀末のアメリカ=スペイン戦争時には戦場となり,近郊にはエルカネイ,サンフアンなどの激戦地がある。 1953年7月 26日 F.カストロらが襲撃したモンカダ兵営のあった地として知られる。サトウキビトウモロコシ,バナナ,木材,柑橘類などを産する農業地帯の集散地。また,マエストラ山脈から採掘される鉄,マンガン,銅などの鉱石や,砂糖,ラム酒,タバコ,カカオなどの積出港で,蒸留酒,繊維,石油精製などの工業がある。市内には植民地風の町並みが残り,オリエンテ大学 (1947) がある。鉄道,道路,空路で国内各地と連絡。人口 39万 7024 (1989推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サンチアゴデクーバの関連キーワードビクトリアデラストゥナスパルマソリアノグアンタナモカマグエイマンサニヨオルギンバネスバヤモ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android