コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンチェス サンチェスSánchez, Florencio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンチェス
Sánchez, Florencio

[生]1875. モンテビデオ
[没]1910.2.23. ミラノ
ウルグアイの劇作家。貧家に生れ,1903年ブエノスアイレスに移住,新聞社で働きながらボヘミアン生活をおくった。極度の貧窮のなかで劇作に精進し,『わが子は医者』 Mi hijo el dotor (1903) で成功を収め,『他国の女』 La gringa (04) ,『崖下』 Barranco abajo (05) ,『家庭で』 En familia (05) ,『息子たち』 Nuestros hijos (07) など 19編の作品を書いたが,若くしてヨーロッパで客死。ラテンアメリカ近代劇のいわば創始者として,しばしば「ラテンアメリカのイプセン」と呼ばれる。

サンチェス
Sánchez, Francisco

[生]1550頃.ブラガ
[没]1623.11.26頃.ツールーズ,フランス
ポルトガル生まれの医学者,哲学者。フランスで教育を受け,モンペリエ大学入学 (1573) ,博士号を受け (1574) ,ツールーズ大学で教授として医学と哲学を講じた。主著『不可知なるがゆえに最高貴にして第一普遍なる学についての論究』 Tractatus de multum nobili et prima universali scientia,quod nihil scitur (1581) では,スコラ哲学,ルネサンス的空想哲学を批判。定義,論義,論証によって進められるスコラ哲学を,定義はことばの説明であると批判し,三段論法の大前提の真理性を疑った。ミシェル・エイケム・ド・モンテーニュ,ピエール・シャロンとともに懐疑主義者とされた (→懐疑論 ) 。真の学は「物の完全な認識」にあるとしたが,人間の認識は欠陥の多い肉体のために完全性にいたることはなく,その理想を追求するだけであると考えた。ほかに『医学論集』 Opera medica (1636) ,『哲学概論』 Tractatus philosophici (1649) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サンチェスの関連キーワードペロン(María Eva Duarte de Perón (Evita))ハンフリー(Doris Humphrey)ラファエル サンチェス・フェルロシオルイス(Oscar Lewis)ブレア・ウィッチ・プロジェクトオールドモル・ファン・ダスホルストパントーハ・デ・ラ・クルスフェルナンド モリエンテス連帯市民連合[ボリビア]民族革命運動[ボリビア]国民解放党[コスタリカ]フェルナンド1世(大王)サンチョ4世(高貴王)アランチャ サンチェスサンライト・ツイストサンチョ3世(大王)ジョージ センプルンラテンアメリカ演劇ラウラ チンチジャ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンチェスの関連情報